広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato
安芸高田市中央保健センターであった表記の会議に出席しました。年間計画を検討する会議でしたが、出席したのは、委員のうちの5名と保健師・栄養士の計7名でした。出席する委員は固定化の傾向がありますが、5年目でもあり「市民の健康増進のための食生活」について約2時間熱い議論がされました。今年度のスローガンを「早寝・早起き・朝ご飯」とし、日本人の身体に良い食事は「お米のご飯と季節の野菜にある」ことを広めよう!ということになりました。「安芸高田市産の旬の食材を伝統的な調理法で食べる=身土不二」「地産地消」「伝統食」「もったいない!」…、多くの意見が出されました。安芸高田市は食料自給率140%(カロリーベース)のマチなのだから、塩さえ移入すれば独立王国だって…と意気軒昂でした。
e0149157_438719.jpg
帰宅してみると、畑師Sさんが「涙そうそう」を絶唱しながら、キュウリにネットを張られていました。初収穫していただいた、エンドウと玉ネギは甘くて美味しかったです。またまた元気で長生きできそうです。
[PR]
# by keikonosato | 2011-05-17 05:24
e0149157_525049.jpg
久しぶりに、ひろしま市民交流プラザであった会報の編集会議に、出席しました。
創立当初からのメンバーを中心に手伝える人が手伝う…、ということで20年間毎月発行が続けられています。主となる活動は時代と共に変わってきていますが、いずれも自然環境保全のための活動です。今回の内容は、創立当初から会が取り組まれてきた「原発」のことが主力になりました。7月3日に、京都大学原子炉実験所の「小出祐章」先生が広島で公演されることでもあり、2070年12月26日に書かれた「エネルギー問題」についての一部を紹介させて頂きました。その中で先生は「小欲知足、自分自身の生活を見直さなければ、生きる環境を失う」と書かれております。
もう一つは「5月28日(土)29日(日)細見谷を歩こう!!」の案内です。keikoが戸島に帰る前の10年間植物調査をしながら「細見谷(十方山)林道建設反対」の運動に関与していました。その当時ご指導頂いた河野京大名誉教授や米沢先生達とご一緒に「新緑の細見谷を歩ける!」と楽しみにしていたのですが、向原地域振興会連絡協議会の行事と重なり出席不能になりました。残念です!
細見谷を歩いてみたい方はご連絡下さい。
[PR]
# by keikonosato | 2011-05-16 05:54
e0149157_442596.jpg
e0149157_4432133.jpg久しぶりの晴天に誘われ、家の前の石垣の草取りをしていると、九時前に身支度をした従兄弟が到着。早速我が小家の横にあるN家の耕作放棄地の草刈りをを開始。家のすぐ横の田んぼの草が伸び放題なのを見かねて、昨年から続けてくれている「草刈り」です。
e0149157_4433860.jpg
e0149157_4435445.jpg昼食を挟んで6時間、県道迄の里道の草を刈り、道に散らばる草を掃き寄せ、気になっていた辺りをすっきりさせてくれました。彼の仕事は申し訳ないほどに几帳面です。「すっきりさせたいな」と思っている場所は以心伝心…口に出さなくともやってくれます。
午後3時過ぎ、朝は蕾だったキショウブの花と従兄弟を見送りました。
 ありがとう!アキラさん!!
[PR]
# by keikonosato | 2011-05-14 05:31
5月8日(日)、広島であった「原発なしで暮らしたい人々」の西塔さん企画の学習会に参加しました。上里(あがり)さんは「地盤耐震意見聴取会」の議事録を克明に読まれ、不整合点をパワーポイントを使って説明して下さいました。地質学の知識がないkeikoにはいささか難解な部分もあったのですが、なぜこれだけ危険な場所への建設が進められているのかの疑問が大きくなりました。上里さんのお話を「より多くの方に聞いて頂きたい!」そして「上関原発建設中止」の結論を導き出したいと思いました。生物多様性の海を守る視点からも原発建設は中止すべき場所なのですから。
[PR]
# by keikonosato | 2011-05-10 06:14

竹で杭を作る

e0149157_701459.jpg
先日タケノコ掘りを手伝って頂いたあとで「竹を切ってはいけませんか?」、「どうぞどうぞ!」ということで、約2㍍の長さにして切り出されていた竹を、手斧で割り、削り…2mばかりの杭を作られました。畑に「プラスチック杭は味気ない!」…ということのようです。昭和30年代迄は、間伐した杉・檜や竹を杭にしていました。
杭の先に凹みをつくり合わせて写真のようにされました。「ヤッホー・インディアンのおうちだぞ−!」「いえいえ試作品展示中です」これをトマトの屋根にしたいのだそうです。このような循環型農業は環境保全にもなります。農業と山が繋がることで「里地_里山」の保全がされていたのです。石油依存の農業から循環型農業への回帰を考えルことが必要なトキではないでしょうか。
e0149157_5322578.jpg二日後、トマトの屋根の形が見え始め、キュウリの杭が完成しました。手間ひまかけられたぶんだけ、風情がありますネー!
今朝は、春先に植えられたブロッコリーの芽を「初物を食べると@@日長生きするよ!」と、摘んでくださいました。茹でて、夕食に「おかかマヨネーズ」で食べました。美味也!
[PR]
# by keikonosato | 2011-05-09 07:27
e0149157_3415095.jpg
10数年前から「孫に安全で美味しい蜂蜜」を食べさせたいとレンゲを植え、養蜂を始められたMaさんから、「休耕田にレンゲを植え始めた者が集まり、レンゲを植えた田んぼを見て廻り、手打ち蕎麦を食べる会」に参加しないかと誘われました。
e0149157_3422531.jpge0149157_3424396.jpg
集合場所ではミツバチの「分封」が始まっており、その集団を新しい巣箱に移したいと、Maさんが悪銭苦闘中でした。参加者は「分封」を見学できる幸運に恵まれました。
e0149157_346313.jpg

e0149157_3435698.jpgその後、Maさん・Toさん・Kiさん・Koさん・Kaのレンゲ畑を見学しました。e0149157_344268.jpg
e0149157_3463016.jpg
当事者でないkeikoは会食場所を提供し、畑師Sさんは鹿肉のバーベキューを担当し、Maさんの友人Osさんは蕎麦を担当することで仲間入りです。運良くその場に来合わせたkeikoバーちゃんのお太助マンOtさん・Saさんも会食に参加し美味しい手打ち蕎麦(向原町の休耕田で栽培したソバ)や先日獲れた鹿肉のバーベキューを楽しみながら「レンゲを植えようかい」のメンバーを増やし、戸島の初夏をレンゲで飾り「安全で美味しいレンゲ米や蜂蜜生産につなげよう!」と気勢を上げられました。「何か出来ることがあればお手伝いさせてください」とkeikoも仲間に入れてもらいました。
[PR]
# by keikonosato | 2011-05-09 03:58

ワラビ狩り

e0149157_421880.jpg
「けんこう安芸高田21」協議会でごいっしょになるTさんから「ワラビ狩りに来ませんか?」とお電話がある。早速Sさんを誘って伺う。
e0149157_4253100.jpge0149157_43948.jpg
20年掛けて丹精されたお庭にはオキナグサ・ムサシアブミ・スズラン…、山では滅多に会えない花達が咲いている。e0149157_433662.jpg

案内された山の入り口にはロープが張ってある。
私有林に勝手に入り込み、ワラビを取る人を防止するためとのことである。手入れをし、保護された場所であるだけに30分でこんなに採れました。
e0149157_43588.jpg30㎝の鍋3個に入れて、わら灰と熱湯であく抜きをしています。一昼夜寝かせてから灰を洗いながして、半分は刺身や煮付けで食し、残り半分を鮨酢に漬けておくと冷蔵庫保存で1年は持ちますので、山菜もぐり(ちらし寿司)の具に使います。
[PR]
# by keikonosato | 2011-05-06 04:37
e0149157_502017.jpge0149157_504352.jpge0149157_512899.jpg向原女性会からは6人が参加しました。
竹屋小学校から西平和大橋までを、支給された揃いのTシャツ・帽子を着用し、団扇を手にかかげ、音楽隊に先導されながら歩きました。マーチに合わせてキビキビ…とはいかず、皆さんにご心配を架けながら、ストック片手に何とか歩き通しました。向原からの常連さんが欠け、半分は初めて参加の方でした。keikoも今年で終わりにしなければ…、と思いました。それにしても門橋女性会会長(80才・写真手前右端)はお元気だ!
e0149157_522013.jpg
    解散後、平和公園の中をとおり、原爆ドームの電停に向けて歩きました。
[PR]
# by keikonosato | 2011-05-05 05:46