広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato
e0149157_7243583.jpg

[PR]
# by keikonosato | 2011-06-16 07:27

梅雨の晴れ間

e0149157_742969.jpg
SYさんが、減反対称田として我が家の田んぼの草を苅って下さいました。米自給農家のSYさん・NIさん・KIさんの三人が我が家の水田を「集落の減反対称田として利用する」いうことで、草刈りを続けて下さっているのです。この制度のおかげで、我が家の休耕田は「耕作放棄地」の態をなさずにすんでいます。

e0149157_745766.jpg畑師Sさんはトウモロコシの花が咲き始めたからと、烏除け・狸予防ネット(こだわりのネット)を二日がかりで完成されました。
e0149157_75219.jpg
さらに、家の横の畠に枝豆の苗を植えられたので、keikoは「虫除けになる」というので作っておいたマリーゴールドの苗を周囲に植えました。乞う!効果!
日々のびる草との格闘もあり…梅雨の晴れ間は大忙しです。
[PR]
# by keikonosato | 2011-06-15 07:51
e0149157_3324643.jpg

前日、軒下に下げた「黄色のてるてるぼうず」・新しく買い求めた「500円の雨合羽」の御利益…?  当日は朝から快晴!  参加者は300人だったとか。
原爆ドーム前の集会は、ハイロアクションの「うのさえこ」さんが4歳の子どもさん連れで来られて、福島からの6.11アピールをされました。
「3月11日から三か月。私たちの故郷は放射能が海に流れ、空に大地に降り注ぎ、生きとし生けるものが苦しんでいます。以前に戻ることは ないけれど、広島のみなさんと、日本中、世界中で脱原発の声を上げる人々とつながることが出来ました。つつましく豊かな世界に向けて共に歩みましょう…!」
また広島に避難されている9人の方々も参加し、それぞれが発言なさいました。
なかでも「福島県民が原発を止めてさえいれば…、悔しくて…、皆さんに申し訳ないです。ごめんなさい!」の言葉には胸がつまりました。
ピース・デポの湯浅一郎さんは敢て「福島事態」と言い、「原発を止めなければこれからも毎日、原発は死の灰とプルトニウムを作り続けます。」「広島は、伊方原発を止め、上関新規建設をさせてはならない。」「構造的な問題を見抜く力をそれぞれが持てるように小さな学習会を重ね、これまでを歴史的なグローバルな視点でとらえる必要がある。」「今日6・11、世界規模の市民の共同作業を進めていくことをこの原爆ドーム前で決意を新たにしたい!」という、女川原発からエネルギー問題に関り続けてきた湯浅さんのお話は説得力がありました。
e0149157_3332218.jpg
      ピースウォ-クでは、子どもたちと一緒の静かな人々…
e0149157_3333711.jpg
        歌を歌い太鼓をたたいてアピールする人々…
e0149157_3335385.jpg
声を出し脱原発を訴える人々…思い思いのかたちで意思表示をされていました。
手を振ってくれる人、ピースサインを送ってくれる人、飛び入り参加の人…。
機動隊に守られた?デモ行進=ピースウォークは、和やかに、原爆ドーム前〜紙屋町交差点〜本通り〜金座街へと行進しました。
6月19日(日)、戸島生活改善センターで行われる「ソーメン流し」の打合せ会を夕方に控えていたkeikoは、後ろ髪を引かれながら途中で失礼したのですが、ドーム前に帰り着かれた皆さんはいつまでも語り合われたようです。
[PR]
# by keikonosato | 2011-06-13 04:58

耕作放棄地の草刈り

e0149157_217313.jpg
シルバーさん3人が今年一回目の草刈りに来られました。持主である弟が頼んでくれているのです。田舎の生活環境維持には「その田は将来的に耕作するつもは無いから荒らしても良い」という訳にはいかないことを理解してくれ、遠方に住んではいるが安芸高田市環境基本条例にいう「持ち主の責務」を果たしてくれているのです。
この地に住まない持ち主には、住む人・耕作している人の気持ちはわからないようであるが、住んでいる人にとっては、我が家や耕作している田畑の隣が丈なす草に覆われていることは、気持ちの良いモノではないのですし、迷惑なのです。住む人達が若くて余力があるうちは、善意で苅ることも出来るが、高齢化が著しくなってくると、我が家のことでも手に余るようになってくる。
この不景気を逆手にとって「耕作放棄地の草刈り」を請け負い、刈った草を集めて堆肥を作ることを事業化してはどうだろうか?若者よ田舎に来たれ!
[PR]
# by keikonosato | 2011-06-11 02:53
「福島原発で、いま。おきていること」と副題が付けられた市民講座は、安芸高田市主催・安芸高田市人権協会・世界人権宣言甲田町実行委員会共催でした。
 講師の元京都大学原子炉実験所講師「小林圭二」氏は、70年代前半、四国電力伊方原子力発電所1号建設に反対する住民訴訟を支援された経歴をお持ちの「原子力研究者」である。
 事前に、原子力安全研究グループ「原子力安全問題ゼミ全レジュメ集」を検索してみると、いわゆる反対派といま言われている小出祐章・今中哲二などの論文とともに、「高速増殖炉(もんじゅ)の安全解析」「原子炉の動特性と暴走事故」など小林圭二氏の論文多数が見付かる。
 講演は「原発のしくみ」にはじまり「福島原発事故の実態」と「環境汚染」に進まれました。そして最後に「原発を止めよう。今原発をすべて停止しても停電にはならない」ことを強調されました。
少ない聴講者でしたが、講演内容を理解し、その輪を拡げることを祈っています。
[PR]
# by keikonosato | 2011-06-10 05:36
e0149157_4585760.jpg
今年も戸島川上流部でゲンジボタルの乱舞ガ始まりました。今年もご一緒したSさんご夫妻は、お知り合いに「この土・日に見に来ないかと」電話をされていました。
e0149157_501425.jpg
戸島川や田んぼの上を飛ぶゲンジボタルの群舞はとても幻想的です。写真でお見せできないのですが、一見をお奨めします。尚、8時〜8時半がピークです。
[PR]
# by keikonosato | 2011-06-07 05:16

大土山田楽

e0149157_5292168.jpg
下小原の多目的広場で行われた「大土山田楽」を観に、Sさんご夫婦に連れて行っていただき、Saさんご夫妻と会場で合流しました。
e0149157_5353075.jpg
昭和40年代までは、田起こし・代掻きは牛にたよっており、どの家も牛を飼っていましたが、今は…。この飾り牛は三和町からのお太助牛だと紹介されました。
e0149157_535535.jpg
立錐の余地無くならぶカメラ、浜田市長・児玉県議・河合国会議員が着席され、「さんばいさん」の音頭が流れはじめました。
e0149157_538040.jpg
いよいよ、小学生・中学生達が混じる「大土山田楽団」の登場です。
e0149157_5381665.jpg
泥田に足をとられ難儀はされていましたが、お尻を植えることもなく終了!
昭和20年代、近所のお兄ちゃん(ガキ大将)に連れられて「吉田に大花田植えを見に行く」のを楽しみに、子供達はしんどい田植えを手伝い、10円玉を握って、片道2時間の山道をモノともっせず歩いたものです。
[PR]
# by keikonosato | 2011-06-06 06:32
e0149157_412481.jpg

6月11日(土)13:30: 原爆ドーム前集合! スピーチ〜14:00
スピーカー:うのさえこ・湯浅一郎さん
パレード:14:00〜原爆ドーム→紙屋町交差点→本通り→福屋→原爆ドーム
「プラカード・横断幕・楽器…お好きなモノを持って参加してください」とのこと!
途中からの参加OKだそうです。パレードを見かけたあなたも参加しませんか!
主催:原発なしで暮らしたい人々 連絡先070-5052-6580(藤井)

同じ6月11日「原発のーてもえーじゃないBINGO!」がJR福山駅前で行われます。
15:00〜ライブ&スピーチ 16:00〜パレード(福山駅前周辺)
「鳴り物・コスプレ大歓迎!」とのこと。
主催:原発のーてもええじゃないBINNGO!実行委員会
協同:原発震災を考える福山市民の会・ごみ5R推進本舗・市民SOHO蒼生舎・
   東福院・どなべねっと・のびる文庫

脱原発ポスターはオリジナルのもの、又はhttp://nonukeart.org/よりお好きな作品をダウンロードしてお使い下さってもよろしいとのことです。
「原発なしで暮らしたい!」と思っているあなた!参加しましょうよ!
[PR]
# by keikonosato | 2011-06-04 04:59