「ほっ」と。キャンペーン

広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

<   2011年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

e0149157_8124368.jpg
Kaさんが縁台のはなを生け変えて下さったところに、畑師Sさんが「玉ネギの草取り」に奥さんと来られる。Sさんの大工仕事の師匠であるSaさんが先日来の防獣ネットの入り口や堆肥置き場の様子を見に…、更に防獣柵作りの師匠Oさん…計6人。
e0149157_8135217.jpge0149157_8141412.jpge0149157_815289.jpg
女性達は「草木染め」の先輩であるSaさんの奥さんを囲んで話が尽きない。
その間男性達は手持ちぶさた…?
園芸種の花が苦手のkeikoはお茶とお菓子を出したあとは、カメラを持ってウロウロ。
なんだかんだで、5時過ぎて始められた草取りは夕陽が平畝山の芽吹きを照らすまで続けておられました。
e0149157_8151955.jpg
      人が集まる・つながる…楽しい・素敵な一日でした。
[PR]
by keikonosato | 2011-04-30 08:57
e0149157_7332883.jpg「広報あきたかた」5月号が届きました「東日本大震災(安芸高田市の取り組み)」が特集されていました。その5ページに「小学校丸ごと集団疎開支援プロジェクト」被災地の子供達が安心して教育を受けられる環境を準備するために1億2,400万円の補正予算が臨時市議会で可決されたと載っていました。今春閉校になった「高宮高校」を小学校として、少年自然の家「輝ら里(きらり)」で集団生活をしながら学んでもらおうという企画です。
同じページの市長コラムでは、浜田市長がその熱い思いを述べられ、「被災地の大切なお子様を預かる」ことへの市民の協力を呼びかけておられます。
安芸高田市のホームページにその詳細は掲載されています。放射能汚染地域の小学校からの、一刻もはやい疎開が実現されることを願っています。
[PR]
by keikonosato | 2011-04-30 08:03
e0149157_2381692.jpg
エスプレス大分広島支社の駐車場にトラック3台と会社の白い車が停まり、草取りをしている人の姿がある。双眼鏡で見ると常務のようだ。久しぶりに巡察を思い立つ。
e0149157_240456.jpg
倉庫の中には大きなトラックが停まり、いつもの人達が作業中である。荷物が床に直接置いてあることを指摘すると「これから大分に持って行くので…」とのこと。しかし「想定外」は「あり得ること」でもある。
e0149157_2391422.jpg
e0149157_2402953.jpg溝掃除・草刈り等の周辺環境整備に配慮頂いているのと同じように、作業の安全をお願いして辞去しました。
念のため、許認可窓口である「広島県西部厚生環境事務所広島支所西部保健所広島支所衛生環境課長」さんに「現場視察及び指導」のお願いをしておきました。
[PR]
by keikonosato | 2011-04-28 03:05
e0149157_15472674.jpg

e0149157_1548443.jpge0149157_15482979.jpg12時に着いた原爆ドーム前ではライブが…。
参加者は次第に増えパレード出発時には400人を超えていたようです。
e0149157_15485256.jpg
e0149157_1549146.jpg
経済産業省のある合同庁舎まで4列にならび、機動隊に守られ(監視)ながらパレードをし、代表者数名が申し入れをしている間は休憩です。続いて広島県庁・市役所などに歩き、中国電力本社まえに到着したのが16時過ぎでした。
e0149157_15502052.jpg
e0149157_15505329.jpge0149157_15533049.jpg次第にふくれあがったデモ隊が機動隊員にガードされた中電前の歩道を埋め尽くしてしまいました。それを見た機動隊が「ただいま@@時@@分。直ちに解散しなさい!」と繰り返し放送します。デモ隊はそれらの挑発に乗ることもなく、世話役のリードに従い、歩道を空けました。
e0149157_15555649.jpg
午後6時半、続けられている申し入れの成果を待ちながらローソクに点火。東日本大震災の被災者に黙祷をささげたのち、キャンドルナイトスタート。時々入る申し入れの経過報告、この企画主催の「原発止めよう広島ネットワーク」を支える各種団体からの報告を聞きながら静かに過ごしました。
20時過ぎに列車の都合で退席しとき、まだ多くの皆さんが座っておられました。
[PR]
by keikonosato | 2011-04-27 16:50
e0149157_749970.jpg平成23年度総会に出席しました。24年度は5年目の事業評価年なので、より一層の推進協力を誓って散会しました。
正午過ぎに帰宅してみると「畑志S」さんが、堆肥の囲いを駄屋の廃材で制作中でした。日射しにつられkeikoも庭の草取りをし,取った草をその囲いに入れました。堆肥を作ること迄されるようになられたので、今後「畑師Sさん」と呼称します。
e0149157_8311611.jpg

[PR]
by keikonosato | 2011-04-26 07:59
e0149157_743245.jpg広島市中区のハノーバー庭園で開かれた脱原発集会にオープニングに間に合うようにと、八時半の芸備線で行きました。ステージ横に太陽光発電のパネルが…。今日のイベントの電気をコレでまかなうとか。意気に感じたか次第に青空がのぞき始めました。
e0149157_6283733.jpg
e0149157_6292294.jpgライブではSAYAN・NOco・DON YAGOROU …たちの熱演に、音楽無縁のkeikoの目がうるる。
「死にいたる虚構 国家による低線量放射線の隠蔽」の訳者であり被爆医師でもある肥田舜太郎さんのお話は、とても94才とは思えないほどの迫力がありました。
 福島第1原発事故のため岡山市中区の実家で暮らす大工の大塚愛さん(福島県川内村)は「普通の暮らしを突然奪われた」とはなされました。
e0149157_6295380.jpg
その後のピースウォークでは、ハノーバー庭園〜紙屋町〜本通り〜金座街〜中央通り〜八丁堀交差点〜相生通〜原爆ドーム前、杖を片手に約3キロを歩きました。
26日に行われる「思いを伝える巨大デモ行進」とキャンドルナイトにも参加しようと思っています。
[PR]
by keikonosato | 2011-04-25 06:55
e0149157_3405765.jpg

e0149157_341542.jpg母屋の裏山にのぞき始めたタケノコを掘り、コゴミを取りに行ってビックリ!山際に猪の掘った穴が…穴は我が家の横まで続いている。「早晩畑がやられる…」と、考え込んでいるSさん。そこに軽トラでOさんが到着。午前中はヒマだとのこと。「昼飯をご馳走するから」と知恵と手間を貸してもらうよう交渉。コメリの開店を待ち、二人は出かける。その間に今朝採ったコゴミ・ユキノシタ・タケノコを天ぷらにする下ごしらえをし、豆ご飯を仕掛けておく。
e0149157_3413025.jpg
午前中だけの予定だったOさんは予定を変更して午後も手伝ってくださることになり、3時過ぎには予定の作業が終わりました。Oさん有り難う!
Sさんは、今まではなかった「里道脇につけられた柵でお年寄りがケガをされては」と、赤と黄色のテープを杭の先につけらました。遊び心が加わったことで「無粋な檻に囲まれた風景」に和みが加わりました。
e0149157_5394739.jpg
一晩考えられたSさんは、滅多に人が通ることのない、里道入り口にこんな戸を付け、「お願い札」をつけられました。昼間は明けておき夜間のみ閉めるようにとのことです。
[PR]
by keikonosato | 2011-04-23 04:22
e0149157_35084.jpg
安芸高田市全域から、第八回総会会場のクリスタールアージョ4階小ホールに出席したのは、会員181名中の92名。総会成立ぎりぎりの人数でした。
木原副会長の司会で始まった総会は、深井会長挨拶、浜田市長の祝辞に続き、議長にバトンタッチされ、総会は質問もなく、予定より早く終了しました。
午後の研修会は「食生活の意識を高めよう」と題し、六グループに別れてのワークショップでした。keikoの所属するD班のサブテーマは「伝達講習の進め方・声かけづくり」でした。問題点は各地域ともにあるようでしたが、「あかるく・楽しく・続ける」ことで、乗り切っておられるようでした。
「伝達講習」と大仰に構えることなく、食推で習ったことを明治クラブやふれあいサロンで披露させていただけるように考えてゆきたいと思いました。
[PR]
by keikonosato | 2011-04-22 04:43

マチからのお客さま

e0149157_2253251.jpg昨夜「明日お伺いしていいですか?」3月22日の中電前座り込みで知り合ったハトリ君から電話がある。朝9時過ぎ「これから出発します」ということで、玄米豆ご飯を炊き、味噌汁用の出汁を取っておく。車から現れたのは、そのとき出逢った若者二人と、連れ合いプラス子供達3人。まず大人達はコーヒータイム。
子供達はロフトがお気に入りのようで…。
芸術家である二人は母屋の作りに興味を示す。
蔵の中のがらくた類にも目の色を変えている。近々、東京での花展の予定があるという羽鳥君からは、3点を花材に使いたいとの申し出があり、了承する。
玄米豆ご飯・大根の酢漬け・味噌汁だけの昼食を、子供達までが「おいしいね」「オイシイ!」と言いながら食べる。
昼食後は、台所の後始末を女性達に任せ、「こんな処に住みたい!」と言う若者二人を案内して地域をドライブする。再訪を約してお別れする。
[PR]
by keikonosato | 2011-04-21 02:25

ツバメ飛ぶ

e0149157_5592191.jpg
粗代掻きをされた田んぼの上を数羽のツバメが飛びかっているのに気付きました。
天気予報はここ数日雨です。この雨が上がったら草取りが忙しくなりそうです。
[PR]
by keikonosato | 2011-04-20 06:05