広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

<   2011年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

e0149157_5272473.jpg
財団法人「広島県環境保険協会主催,後援が環境省中国四国地方事務所・広島県・中国新聞社・中国放送の、企業向けセミナーを聴講しました。

基調講演の中越信和広大教授は「中国地方の陸上生態系における生物多様性とその保全」と題して、里地里山の保全が日本の生物多様に貢献する事を豊富なデーターで示されました。

一般講演−1:生物多様性と民間参画
 講師:環境省の生物多様性民間参画ガイドライン担当の鈴木渉氏が予定されていたのですが、交通手段が確保できず、環境省中国四国地方環境事務所長の徳丸久衛氏が話されました。
お話の中にあった「民間参画ガイドラインのおすすめの使い方」の話の途中に漏らされた「理想と現実」のギャップに暗澹としました。

一般講演−2:中国電力の生物多様性保全への取り組み
 講師;中国電力K.K.広報・環境部門 環境部長 西田哲也氏
「福井原発事故については情報収集につきコメントは差し控えさせていただきます」と始まったのですが、原発推進の方向性は変わらず、上関原発についての生物多様性保全はクリアーしているとのことでした。…?

一般講演−3:RCCが取り組む生物多様性保全活動について
 講師:中国放送 総務局 総務部 ISO事務局・環境担当 河本良子氏

150名の参加者の殆どが黒っぽいスーツを着た中年男性であることに圧倒され、基調講演で用意した質問「ヒトも生物の一種です。日本の生物多様性が人手によって保全されてきたことを考えるとき、人体に影響がある放射線を出す原発について先生のご意見をお聞かせ下さい。」をお聞きする勇気がでませんでした。
一般講演では、質問不可。胸にモヤモヤを抱えて帰宅した戸島は雨でした。
朝起きたら、それが白い雪に変わっていました。
[PR]
by keikonosato | 2011-03-16 07:16
東日本大震災に被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
ここ数日、福島原発の危機的な情況を息を呑んで見守っています。何とか最悪の事態にならないようにと祈っています。
e0149157_464689.jpg
3月13日早朝「東日本大震災の影響で中止?」の懸念を振り払いつつ、一番の芸備線に乗り広島経由柳井港駅へ。柳井港から祝島往きの連絡船で、上関に十時到着。
会場の上関町中央公民館のロビーで「中止ですって?」と3人の若者が待っている。主催者の携帯に電話をすると「漁師さんが病気でダウンされたので、船は出せませんが、講師は来られているので…」ということで、新井章吾さんが撮られた映像を見せていただきながらお話を聞きました。12時前4人の方がー東京や千葉から「放射能を避けて西に…」と、広島への飛行機が取れたので取りあえず広島まで、出来れば沖縄まで行きたいとの事でした。何事もないときは便利で快適な生活を、何かあれば安全な場所に…矛盾を感じます。
今日鯉城会館である「企業の生物多様性保全セミナー」聴講を申し込んでいます。「井の中の蛙」にならない為の努力です。
[PR]
by keikonosato | 2011-03-15 05:05
e0149157_456028.jpg
 朝カーテンを開けると、またまた辺りがすっかり雪に埋まっていました。
e0149157_4561628.jpg無聊をかこっている午前9時過ぎ、Sさんから「Saさんとこでシシ鍋をしようと思うんだけど…」「行きます!連れて行ってください!」。冷凍室から「カニとキノコ」を取り出し、コートを引っ掛けて待機。これまでも度々、Saさんのお宅へはお誘いがあったのですが野暮用と重なり今回が初めての訪問です。食事を終え、「甘い物は別腹だ」とコーヒーとケーキを食べ、テレビのスイッチオン。
「東北地方に地震…」の画面。仙台出身のSさんのお顔がひきつる。テレビの画面を見ながら携帯で身内の確認に入られる。繋がりにくい回線の合間を縫ってご子息三人の無事を確認される。keikoも東京に住む娘夫婦の無事を確認。
液晶テレビの大画面に映し出される大津波の破壊力にみぶるいしてしまいました。
六時前「福井原発の冷却水事故」を心配しながら帰宅。インターネットニュースでみたらやはり「空気を屋外に放出予定」とのこと。「微量だから人体に影響はない」とのことですが、「放射能は微量でも危険」なのです。
[PR]
by keikonosato | 2011-03-12 05:41

名残り雪

e0149157_3471017.jpg
朝日がさしはじめると、一面を白く覆っていた雪が融け、もやが立ち始めました。
昼前には、雪はすっかり消えていました。
啓蟄を過ぎたからでしょう、壁をカメムシが這っていました。
しかし夜6時前、下戸島集会所で開かれる「ふれあいサロンひな」の役員会に出るために県道を歩いていたら、ひたひらと雪が舞い始めていました。
今朝もまた、一面にうっすらと雪が積もっていました。
[PR]
by keikonosato | 2011-03-09 04:01

第41回公民館まつり

e0149157_4575263.jpg3月末に発行する「戸島地域振興会便りに掲載するために「公民館まつり」を取材に行きました。向原の民話「丸山ぎつね」の紙芝居、民謡紅葉会の民謡、民踊「向原小唄」、枕太鼓「向原音頭」など、向原の歴史を忍ばせる演目も多く、しっかり楽しませていただきました。
e0149157_455453.jpge0149157_4562583.jpg
e0149157_4564473.jpg
      向原女性合唱団の涼やかな歌声で5時間の幕を閉じました。
[PR]
by keikonosato | 2011-03-07 05:20
e0149157_6275851.jpg中国電力本社に「クロサギやカンムリウミスズメの繁殖阻害要因及び生物多様性のホットスポットを壊滅させる埋め立て工事の即時中止を要求する申し入れ」をされる「長島の自然を守る会」の方達に同行しました。月1回の調査しかしていない中電に対して、高島会長がパワーポイントを使って今年の1月2月の調査結果を科学的に説明されたにもかかわらず「専門家が影響がないと判断した」「見解の相違です」を繰り返すばかりでした。営巣期を狙ったような工事開始は「いなかった」という結果を誘導する行為にしか思えませんよ!
かって、十方山(細見谷)林道でも、数年間の克明な調査を重ね「緑資源機構側の杜撰な環境調査結果」を指摘したり、既に絶滅したと思われていた種の発見などで、世論を味方にすることが出来ました。
「低レベルでも危険な放射能」のことを伏せたまま、過疎地を札束で蹂躙するやり方、原子力発電による放射性廃棄物の処理が未定のままの見切り発車。怖いですね!
自然エネルギー・循環型エネルギー利用の発電にシフトしていただきたいものです。
[PR]
by keikonosato | 2011-03-04 07:21

雪のひな祭り

e0149157_875646.jpg

予報どうり雪になりました。
でも春の雪は寒くありません。
[PR]
by keikonosato | 2011-03-03 08:01