広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

<   2011年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

e0149157_63551.jpg
向原町女性会総会のあとで、安芸高田市高齢者支援センターの職員さんによる、表記の学習会がありました。お話をされた小野さんが向原町の方ということもあり、和気あいあいとした雰囲気の中で「全員が認知症サポーターに!」と誓い合いました。
女性会の現会員数は約50名(千人だったこともあるそうです)というこですが、約半数の出席しかありませんでした。keikoは「女性会は先進的な会だから」と紹介されてUターンした4年前に入会したのですが…面白い勉強会があるだけに残念です。
[PR]
by keikonosato | 2011-03-31 06:26

ジャガイモの植え付け

e0149157_5433550.jpg10時前に畑に来られたSさんは「今日こそジャガイモの植え付けをしたかったのだが、種芋がこれだけしか入手できなかった」と残念そうな顔をなさる。無化学肥料・無農薬に拘っておられるKさんに電話してみる。「ワシもいま植えているが種芋が残りそうなので…」すぐにKさんの畑に行く。Sさんは1時間ばかりKさんから植え方・肥料・その他諸々を手取り足取り…。心配した雨はすぐ止み、ふれあいサロン「ひな」の総会準備に来られた女性達三人が指導を始められる。長年戸島で百姓をしてこられただけに、それぞれ自分流を披露される。
e0149157_544154.jpg
女性達が帰られたあと「今年はKさん流でやってみよう!」と、植えられた種芋は120箇だそうです、
[PR]
by keikonosato | 2011-03-30 06:16
e0149157_9112377.jpg
昨年3月17日に公布された「安芸高田環境基本条例」に基づく「環境審議会」第4回目は、1年間をかけて審議した環境基本計画(素案)議決の日です。素案は安芸高田市のホームページで公開され市民からの意見募集が為されていました。市長及び市民部長の挨拶で始まった会議は、そのパブリックコメントの集約の報告を検討し、素案を各章毎に議論をし、ほぼ素案どおりに議決されました。市長・部長も議論に参加されたことは、通り一遍の審議会に物足りなさをいだいていたkeikoにとって一服の清涼剤でした。
[PR]
by keikonosato | 2011-03-29 10:46
e0149157_3814.jpg
久方ぶりの参加なのですが、主催者に了解をいただき4月10日の「生物多様性国際シンポジウム」のパンフレットを配布させていただく。
e0149157_372919.jpg
いただいた地図によると、平坦な道を5キロくらい歩くことになるようだ。ストックをつき、ゆっくりと歩きはじめるる。
e0149157_382082.jpge0149157_384143.jpg
標高700m、霜柱が立つ道脇のサンヨウアオイはまだつぼみも見えずカンアオイ?…正確な判別はつかない。
e0149157_391074.jpg
十文字ロータリ駐車場を10時半にスタート。あちらで立ち止まり、こちらで説明を聞き、12時まえに展望台到着。小雪が舞う中でこごえながら昼食。
e0149157_393186.jpge0149157_395360.jpg
野呂山国有林の中には「保健保安林」「風景林」などの立派な看板が立っている。

e0149157_3104896.jpg
弘法寺まで往復し氷池まで戻った辺りから、足が前に進みにくくなる。「困ったな」と思っているとき、後ろから「鹿肉を手に入れたいのだが…」。「鹿肉ならありますよ」立ち止まって声をかける。「取りに来ますか?」「これからでも?」「…」「…」学生さんたちと話しながらスタート地点に無事帰着。ということでバスをお断りして、大学院生さんお二人と我が家へ直行。コーヒーを飲みながら「赤柴山湿原」の調査記録集を見ていただき、鹿肉をお持ち帰り頂きました。
[PR]
by keikonosato | 2011-03-28 04:01

雪です!

e0149157_7353150.jpg
朝起きたら外が真っ白!冬に逆戻り?です。
ニュースが東北地方の風雪予報を伝えていました。ご苦労を忍びます。

でも、舗装道の上には積もっていません。春が近いのでしょう。
一日も早く、春が来ることを祈っています。
[PR]
by keikonosato | 2011-03-26 07:38

春です!

e0149157_5443028.jpg
e0149157_5445372.jpg「ホーホケキョ」朝、鶯が鳴いていました。
明治クラブの定例会を終えて帰ったら「ツクシを摘みました」と、ご近所さんが見せて下さいました。
Sさんは畑の草取りをしに来られ「つぎはジャガイモを植える段取りをするかな」と帰ってゆかれました。
午後は、暖房を切った部屋で「戸島地域振興会」の総会用資料作りをして過ごしました。
[PR]
by keikonosato | 2011-03-24 06:02
e0149157_3212191.jpg
中電本社前には、祝島をはじめとする上関町民の方々が貸し切りバスで大勢来られていました。カヤック隊・広島の市民団体などの応援団を含め100名位はおられたようです。国内メディアのみならず海外メディアも数社が取材に来ていました。
申し入れは、4団体(原発に反対する上関町民の会、原発いらん!山口ネットワーク、原水爆禁止山口県民会議、長島の自然を守る会)からの代表者約10名(岩木上関町議を含む)が10時30分から12時近くまで行われました。その間応援団は中電前で座り込みをし、数人が応援演説をしました。
たいていの方が原発の怖さや生物多様性の破壊についてのべられたのですが、keikoは福島原発周辺の野菜や牛乳から放射能が検出されたという報道を受け「微量放射能の害」について次のような所感をのべさせてもらいました。
 水に溶けたわずかの放射性物質は植物が吸収し、それを食べた牛や人間の身体で濃縮され蓄積されます。外部被爆のように「すぐに健康に影響は与えるようなことはないのです」が、体内に摂取され濃縮された放射性物質は微量の放射線を出し続け、遺伝子細胞を傷つける場合があります。そして場合によってはがん細胞になります。
後期高齢者間近のkeikoははガンになる前に寿命が尽きますが、子供たちには「ガン発病のリスク」が大きくなります。目に見えないだけに、だからこそ微量放射能は怖いのです。
「自然とは先祖から譲り受けたものではなく、子孫からの預かりものなのです」。私たちが少しだけ不便さを辛抱し、贅沢を止めることでこの地球を残すことに協力しましょう!…

申し入れに行かれた上関町民代表の方々は、中電の相変わらずの態度に、思わず大声を上げてしまったと報告されました。
午後3時からは山口県庁への申し入れも行われているはずです。

帰路「ほうれん草出荷停止」の紙面を見ながら考えました。
放射性物質が検出されたほうれん草や牛乳は「高齢者専用」のラベルを付けて出荷し、西日本からは「未成年専用」のラベルを付けて東日本に送る。という事ができないものかと…。
[PR]
by keikonosato | 2011-03-23 05:00
e0149157_24212.jpg福井原発事故のために中止になるかと心配しながら、JRを乗り継いで柳井市まで行きました。小出先生は40年前から原発に反対されているとお聞きし、その主張はネットなどで知ってはいたのですが、実物に会いたくて雨の中を柳井までのしてきたのです。早めに着いたロビーでお会いした広島の方達と前から2列目の席に座って開演を待ちました。時が時だけに立ち見が出るほどの参加者でした。
訥々と語られる先生のお話ぶりは「原子力発電の危険性」を胸にたたみ込まされました。
駅の売店で買った「福島原発事故」の写真をみて、中越沖地震のあとで見学した柏崎刈羽発電所の使用済み核燃料を入れるプールや発生した火災のことなどを思い出させました。
処理方法が決まらないまま、使用済み核燃料(死の灰)が日本中にたまっているのです。上関原発建設中止はモチロンのこと原発を停止し自然エネルギーに変えて欲しいと思います。それでも死の灰は残るのですが。まだ間に合うと思いたいのです。
いまkeikoに出来ることは、節電・質素な生活…?昭和30年代の生活に戻るべきなんです。便利すぎる生活の先にあるのは「日本沈没」なのですから。
[PR]
by keikonosato | 2011-03-22 03:11
e0149157_7134992.jpg
先日、上関の観察会でお世話になった長島の自然を守る会の方が3名参加されるという事でもあり、参加しました。冬に逆戻りしたような寒さにチラシを持つ手が凍えました。東日本大震災の被災者が寒さの中でどのように…と思うと、12時からの1時間をなんとか頑張れました。想定外に対応できない原発は中止すべきです!
[PR]
by keikonosato | 2011-03-17 07:26
4月10日の「国際シンポジウムの広島実行委員会が広島市役所で共同記者会見」…ということで同席させていただきました。高島美登里代表が最近の調査を含めた資料を用意し「上関の生物多様性」を説明し、下記の予告記事のお願いをしました。朝日新聞・毎日新聞など数社が出席されていましたが、地元の中国新聞や生物多様性に取り組んでいると作日のセミナーで講演されたRCCが来られていないのは残念でした。
e0149157_612446.jpg

《奇跡の海を守ろう》ーカンムリウミスズメと上関(瀬戸内海)の生物多様性ー
               国際シンポジウム
日 時:2011年4月10日(日)10:00〜17:00
場 所:広島市平和記念公園内 国際会議場「ヒマワリ」
主 催:長島の自然を守る会・長島の自然を守る会国際シンポジウム広島実行委員会
入場料:大人1000円(前売り)、当日1,200円
    大学生500円、高校生以下無料
後 援:日本生態学会・日本ベントス学会自然環境保全委員会・日本鳥学会・
    日本自然保護協会・日本環境法律家連盟・WWFジャパン・パタゴニア
協 賛:ラッシュジャパン
[PR]
by keikonosato | 2011-03-17 06:36