広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

<   2010年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

恒例の戸島地域振興会のフィールドワークも五回目になる。今年は戸島以外の向原町内の文化財を訪ねることになりました。
e0149157_661926.jpg
戸島ライスセンターを出た2台のバスが向かった坂の国貞山神社への道路脇から「尾原堤」を見る。大土山の「論山堤」から新溝(セメゾ)によって水を引いて造られた堤とのこと。昔のひとの米造りに対する執念の賜でしょう。圃場整備で新溝は土管にして埋められ、溝の淵に咲いていたシラヒゲソウ・サワギキョウ・・など、可憐な花々が見られなくなり、法面はセイタカアワダチソウなどの外来種が茂っています。
e0149157_663513.jpg
昭和20年第「坂のこんぴらさん祭り」には参道に露店が並び、学校も半ドン。50円の小遣いを握りしめての「こんぴらさん」は大きな娯楽でした。
同じ場所にある「国貞山神社」の鳥居や舞殿を「こんぴらさん」だと思っていました。お恥ずかしいかぎりです。
社叢は広島県の「緑地環境保全地域」に指定され、コジイ・アラカシ・モミ・シラカイ・スギ・ヒノキの大木が茂っています。
e0149157_665398.jpg
「琴比良神社社殿」は国貞山の頂上に建っている。わずか1間四方の本殿だが、三段に垂木を重ねた深い軒先・動植物の彫刻で飾られた柱・・賑やかなものでした。
e0149157_671063.jpg
1万年前までは、戸島川に合流していた三篠川の浸食が進み、北流していた川を奪い取ったという「河川争奪」のことは知識としては持っていたのですが…。
「岡田段丘」にたち、四周を見回して、初めてその実感が沸きました。
e0149157_672421.jpg
有留にある「高頭八幡神社」は852年勧請。現在の社は1710年再建とかで「町内では最古」ではとのこと。
e0149157_674425.jpg
有富と白木町の境にある難攻不落の「古吹ヶ城址」を遠望し、午前中の日程を終え、昼食場所の「向原若者センター」に向かいました。
[PR]
by keikonosato | 2010-12-07 07:30
e0149157_1322160.jpgヘルスメイトで習った「炊飯器で作るチーズケーキ」に挑戦しました。フードプロセッサを持っていないのでミキサーを使い、手元に小麦粉がなかったので片栗粉を使い、レモン汁の代わりにユズを絞っていれたのですが、仕上がりは上々でした。
材料:卵3個・生クリーム200cc・砂糖80g・片栗粉大さじ2杯・クリームチーズ200g・ユズ汁大さじ2杯

e0149157_13323215.jpg晩三吉梨が入手できたので、久しぶりに「白菜サラダ」を作りました。よく巻いた白菜の中心部をザク切りにし、梨の皮をむき白菜と同じ大きさに切り、マヨネーズで混ぜ合わせ、いりゴマ・ユズの皮を散らす。
昨日、材料の買い出しにつきあって頂いたSさんは「炊飯器でチーズケーキが作れるの?」と言われていたので「できたよ」と電話をし、二品の試食にお誘いする。
どちらも「美味しい!」とご夫妻からお褒め頂いたので、明治クラブ(老人クラブ)の忘年会に、カルシウムいっぱいのメニューとして提案してみようと思います・
[PR]
by keikonosato | 2010-12-03 13:57

縁台でお茶会

e0149157_512134.jpgSさんが白菜の霜対策に。続いて田方のSaご夫妻が「美味しいおでんが炊けたから」と差し入れに…。「お抹茶をいれようか」と言いうことで妹が京都から送ってくれた羊羹を切る。お湯が沸いたところに振興会長が…。賑やかな「お茶会」になりました。
話が弾む男達を横目に「鹿肉チップス」を作ってみたいというSaさんの奥さんと台所に。揚げたてを縁台に。
「うまい!ビールが欲しい!」…それぞれにお持ち帰りいただきました。
@鹿肉チップス
鹿肉を薄切りにし、赤ワインに漬ける。ワインを切って片栗粉をまぶし、油で二度揚げにする。熱いうちにハーブコショウを振りかける。
[PR]
by keikonosato | 2010-12-02 05:24

向原ヘルスメイトの会

e0149157_4331138.jpg今月のテーマは「骨粗鬆症を予防しよう!」です。
市の栄養士さんから原因・予防について教えて頂きました。

e0149157_4334473.jpg「炊飯器でチーズケーキ」のデモンストレーションを終え、いつものように各班に別れて「ミルクシチュー」「小松菜とチーズのゴママヨネーズ」「切り干し大根のおひたし」をつくりました。いずれも低塩・低カロリィーのカルシウムたっぷり食でした。
明治クラブの忘年会にで作ることを役員会で提案したいと思っています。
[PR]
by keikonosato | 2010-12-02 04:57
「田田太鼓(でんでんだいこ)の響くSLOWなまちづくり」〜農業・環境・史跡の、保全・振興をめざして〜と題する講演を戸島地域振興会総務部副部長と聴きに行きました。講師は鹿児島県薩摩川内(さつませんだい)市高江町「峰山コミュニティー協議会」会長の徳田勝章しでした。活性化をなしえた理由は「組織を一本化し連携をとりながら活動する」ということにあることは解ったのですが…。
さて現実にはどうすればいいのか?「多くの組織がバラバラに活動している」現状では、お金も労力も無駄が多すぎます。今回の講演会への出席者がびっくりするほど少なかったこと、市職員姿もほとんど見あたらなかったこと。「過疎化・高齢化」を口にしながらも、他人任せの「まあまあ気風」からの脱却がまず必要のようですが、さてさて…。
「夢をもつ」こと・「諦めない」コト…「仲間を増やす」ことなのですよね!
[PR]
by keikonosato | 2010-12-01 08:02