広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

<   2010年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

手作りの昼食会

e0149157_2514926.jpg振興会事務所の大掃除をした後、お昼を食べながら反省会を…ということになる。
男性達が事務所掃除をしている間に、女性達は集まった材料を使って食事の支度をすることに。皆さんから、採り立てのセリ・白菜・人参・牛蒡・大根・レンコン・ユズや、新米・玉ネギ・ジャガイモ・卵・冷凍の鹿肉・酢漬けのワラビ・手作りミソなどを、差し入れて頂きました。
keikoは冷凍しておいた、10月に北海道の友人から頂いた生鮭のアラを提供し、その友人直伝の「石狩鍋」を作ることにしました。
どの料理も皆さんから「美味しい!」と言われ、お代わりをして下さる方もあり、調理を担当した女性達は「また作って食べよう!」と楽しそうでした。
◎鹿肉チップス
冷凍鹿肉を、前日から冷蔵庫内で半解凍したものを薄切りにし、30分間赤ワインに漬けておき、ざるに上げ、余分のワインをキッチンペーパーで拭き取り、片栗粉をまぶして、こめ油で二度揚げにし、熱いうちにクレイジィソルトを降りかける。
◎白菜と梨のサラダ
白菜の中心部をざく切りにし,晩三吉梨・人参を短冊に切り、マヨネーズで和える。刻んだユズの皮・煎りゴマを振りかける。
◎レンコンの酢の物
小さめのレンコンを皮をむき、薄く切り、水にさらしておく。炒り子と種を抜いた唐辛子を炒め、水をしっかり切ったレンコンを炒め、砂糖,塩、酢で味を付ける。
◎もぐり(ばら寿司。チラシ寿司)
焼き穴子を小口切りにし、添付のタレを加えて空煎りに、セリはざく切りに。
ダシ昆布を入れて炊いた寿司飯に、ワラビの酢漬け・すし太郎と上記の具を混ぜ、錦糸卵と小口切りにしたユズの皮を散らす。時間の関係で今回は「すし太郎」を使ったが、普通は人参・牛蒡・レンコン・油揚等で具を炊いておく。
◎石狩鍋
大きな鍋にたっぷりのお湯を沸かし、笹がきにした牛蒡と凍ったままの鮭のアラを入れトロ火で、浮いたアクをとりながら、骨が柔らかくなるまで煮る(減ったお湯を加えながら4~5時間)。
人参、大根、じゃがいもを時間差で加え、酒洗いをした白子を小口切りにしてひと煮立ちしたら(アクをこまめに取る)、酒粕・白味噌・ミソを溶かし入れ、味を調えるとできあがり。以前は,薪ストーブの上で作っていたのですが、今回は夜間料金適用時間帯に煮込みました。
買った米油・クレイジィソルト・マヨネーズ・三次ワイン・すし太郎と頂き物のサケのアラ以外は、向原町産(酒・酒粕も)です。地産地消を目指してはいますが、いざとなると実行はなかなか難しいものです。
[PR]
by keikonosato | 2010-12-21 04:30
e0149157_13423974.jpg徳島県宍喰産の干物がクール宅急便で届く。瀬戸内産や日本海産の干物の味が変わってきたように感じていたところに貰った宍喰産が、昔の味を思い出させてくれたので、そのことを送り主である妹に伝えておいたので、徳島に行ったからと送ってくれたものだ。
早速、昼ご飯のおかずに目刺3匹を焼き、縮緬炒り子と大根葉を油で炒める。玄米ご飯は1月前から食べ始めたのだが、とにかく味がある。それと、よく噛まないといけないのでお口の体操にもなる。「玄米は、炒り子3匹採れば完全食品」と聞いたことがある。その玄米も無農薬の「レンゲ米」なのです。試しに同じ「レンゲ米」を白米にしたものを食べてみたら、味が無いように思えました。
[PR]
by keikonosato | 2010-12-20 14:12
e0149157_410532.jpg
「環太田川」に同封されていた案内状の演題に誘われ「第11回広島湾研究会」に門外漢にも関わらず聴講にゆきました。素人のkeikoには「窒素・燐などの不足が海苔などの海産物に影響している」というように聞こえました。「諸外国から大量に輸入されている肉や魚の窒素や燐はどこに消えたのでしょうか?」とつい質問してしまいました。「浄化槽で回収され廃棄物となっている」ということのようでした。keikoには「もったいない」ことに思えました。特に燐は限りある資源です。「資源循環の研究が必要では?」と思い、講演要旨集を読みながら、芸備線に揺られて帰りました、
[PR]
by keikonosato | 2010-12-20 04:33
e0149157_56892.jpg
12月16日、向原町女性会・公衛協共催の見学会に参加しました。
牡丹雪が舞う寒い日にも関わらず、腐敗臭のするストックヤードでは、数人の女性がピンクの袋の中に、混入するプラスチック以外のものを手作業でより分けておられました。夏ならば大変な作業でしょう。
e0149157_563376.jpg「解らないとき・取りにくい汚れが付いたモノ」は「燃えるゴミ」で出して欲しい」とのことでした。
袋の中にたった一つ混じったマヨネーズの小袋が他のモノを汚して再生プラとしては不的確になっている・水荒いしないで出された豆腐のケースに発生したカビ…。
帰宅して食品等の包装を改めて点検。予想以上にこのマークがついているのです。安芸高田市環境基本計画でも検討されている「ゴミゼロのまち」は、市民一人ひとりの認識作りから始める必要がありそうです。
[PR]
by keikonosato | 2010-12-19 05:47

明治クラブの忘年会

e0149157_3425450.jpge0149157_343990.jpg「明治クラブ」の忘年会がありました。ゲームをし、歌を歌い、お弁当を食べて解散です。
ただ、その歌は「お口の健康体操」なのです。向かい合って交互に歌い、「歌に合わせてお口の体操」をする表情がおかしいと笑いあいました。
誤飲を防ぎ・表情豊になる優れものの「お口の体操」なのだそうです。
「お口の体操」(日本歯科衛生士会)=結んでひらいてのメロディで歌う
むすんで ひらい〜て ベロをだして む〜すんで またひらいて ベロをだして そのベロを はなーに ベロをみぎに ベロをひだりに ベロをグルグル まわしましょ (むすんで=口をしっかり閉じる  ひらいて=大きく口を開ける)
[PR]
by keikonosato | 2010-12-16 04:10

しめ縄づくり

e0149157_3372947.jpg
ふれあいサロン「ひな」手芸同好会の「しめ縄作り」に参加させてもらいました。材料は会員さんが持ち寄られた、稲藁・ヤブコウジ・松の葉・ユズリハ・水引です。何回か作っておられる会員さんが指導役です。握力不足でいささか不格好ですが形が出来たところで、ティータイムに。昨日、会員さんがkeiko宅に集まって作られた「チーズケーキ」をつまみながらのおしゃべりタイムです。ふれあいサロン「ひな」には、他にもカラオケ・パソコン等の同好会があります。
[PR]
by keikonosato | 2010-12-15 03:57
e0149157_521459.jpg
e0149157_5212353.jpg11月6日(土)に始まった安芸高田市「環境基本計画」市民検討会の最終回です。
今回は一日かけて、12月4日(土)に、「市民アンケート」「団体ヒャリング」の結果を参考にしながら「安芸高田環境未来8景」についてのアイデアを、実現するための「プロジェクトを企画」するのです。
まず各自が、「身土不二」「農の拡充」「ゴミゼロのまち」「安心安全のまち」「全域生態圏」「交流で賑わい創出」「環境ビジネス」「生産性の高いまち」のどれかについての「プロジェクトを企画」する作業をし、コンサル会社のスタッフ3名のアドバイスを受けながら2班に別れてそれを12時まで再検討し、午後からは各自が自分の企画について発表するというハードなスケジュールでした。
keikoは「全域生態圏」を担当しました。プロジェクト名を「安芸高田市は全域生態圏のまちです」とし、「ねらい」「期待される効果」「環境像」「具体的な取り組み」と、思いつくままに書き込んでゆき、発表しました。
各テーマについて、8人の委員さんからユニークな企画が出され、いろいろと勉強になりました。これらの企画を事務局で整理したうえ、1月の環境審議会に提案されます。楽しみです。
[PR]
by keikonosato | 2010-12-13 06:09

初雪です

e0149157_5404894.jpg
明け方、雨音が消える。カーテンを開けると、白いモノがふわりフワリ…。すぐにそれも止む。縁台に出てみると「しもの山」の上が白くなっている。さすがに寒い。
でも二回続けて休んだ「たかみや湯の森」へのウォーキングプールは休みたくない!昔使っていた山道具を入れておいた箱から、冬山用のダウンとオーバーズボンを引っぱり出す。やっぱり暖かい!
[PR]
by keikonosato | 2010-12-10 05:51
e0149157_55276.jpg
健康安芸高田21推進協議会に所属する委員のスキルアップ講習会に参加しました。
今回のテーマは「暮らしに役立つ医療制度を知ろう」。講師は広島県国保連合会。広島県の医療費の現状から始まった講義は、安芸高田市国保に占める「生活習慣病」の比率の高さに及び、それを知り予防するために「特定検診を受けよう」「そして医療費を減らそう!」という目的のようでした。参加者から「特定健診の検査項目に魅力がない」「医療機関での定期検診の把握不備」などの意見が出され、同席された保健医療課長さんは、「今後、前向きに検討したい」と答えられていました。
[PR]
by keikonosato | 2010-12-09 05:26
e0149157_8301768.jpg
長田県道37号線沿い「真徳寺」の大仏堂に安置されている「おおぼとけさん」は、尼子三兄弟が幽閉されていた円明寺の本尊であったと伝えられ、昭和28年まで、真徳寺の旧邸の大仏殿に安置されていたものである。しかし詳細は不明とのこと。
e0149157_8303470.jpg
「真徳寺14代住職の次男無涯法師は、本願寺宝珠の命により、念仏禁制の薩摩藩に入り布教中、追っ手に包囲され自決(安政4年)された。遺徳を顕彰して、昭和10年に建立」という意味のことが碑に刻んであった。
e0149157_8305358.jpg
20数年間をこの地で過ごした「尼子三兄弟に随従してきた重臣達の墓であろうと考えられている。明治42年に修繕され新しい墓標の周りに4つの五輪塔が配されている。
後方の石像2基は、地主が平成15年に建てた尼子とは関係がないものである。
e0149157_831799.jpg
   定刻、事故もなく、戸島ライスセンターに帰着し解散式を行う。
[PR]
by keikonosato | 2010-12-07 09:23