広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

<   2010年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

霜です!

e0149157_84612100.jpg
カーテンを開けると、畑にうっすらと白いモノが…、霜が降りているのです。
昨日スナックエンドウを植えられたSさんが霜よけにと藁を敷いて帰られましたが、正解でした。その上に雪が降ったかのように霜がおりています。
降霜予報に、漬け物にしようと、二日前から天日干しにしていた白菜を、昨夕部屋に取り込んでおいて正解でした。今、白菜を漬け終わったところです。
[PR]
by keikonosato | 2010-11-29 08:59

集落で山の作業道を整備

e0149157_4565755.jpg
集落の裏山にある作業道のミゾが落ち葉に埋まり、7月14日の大雨であちこちに鉄砲水がでました。この道を整備したときの経緯は、当時の世話役が亡くなられたこともあり不明です。車が通れることもあり林道だと思っていたのですが集落の私道のようです。区長さんの呼びかけで集まった常会で「自分たちで補修しよう」というコトが決まりました。幸いなことにユンボ(バックホン)の運転免許を持っておられる住人がおられ、費用は重機の借り上げ代と燃料費だけで済みそうだということです。
e0149157_4571951.jpg初日の日曜日は一人住まいの高齢女性2世帯・この日に仕事や所用が入っていた人を除く、7世帯が手伝いました。道に覆い被さる木を伐るためチェンソーを持って来る人もあり予定の半分約250mがキレイになりました。一週間を予定されていたのですが案外早く終わりそうです。
keikoは役にはたたないのですが「もやい仕事」には「参加するコトに意義あり」とおもい、気がついたお手伝いをさせていただいています。
「自分たちでできるコトは自分たちで…」という姿勢を持つことも、地域活性化のひとつでしょう。
[PR]
by keikonosato | 2010-11-29 05:39
e0149157_25845.jpg
安芸高田市環境基本計画策定のための環境審議会第2回目が開催されました。
今回は市民アンケート集計結果・団体及び事業者ヒアリング結果及び第1回市民検討会の報告を受けました。アンケートで要望の多かった「森林の荒廃防止」については、助成金を増やすべきだとする森林組合さん・公衆衛生推進協議会さんと、持ち主の責任とし、地域がそれを支える方策を考えるとする立場を取る委員の間で議論が伯仲しました。
閉会後、「市民検討会への参加」を呼びかけたのですが、環境審議会委員である皆さんの冷ややかな反応は意外に思えました。
[PR]
by keikonosato | 2010-11-28 02:39
e0149157_5271041.jpg
今回の研修会はkeikoが所属する「食と歯の部会」がお世話役です。「オススメ我が家の一品」に応募のあったメニューからこれまで食の部会で試作・試食したうちから、季節にあったものを参加者が4班に分かれて作りました。

e0149157_6513.jpg古代米入り栗ご飯・れんこんぎょうざ・カボチャジャム・ピーマンのさきイカ和え・里芋と鶏肉の炒め煮・ピーナツいりこ・中華風味甘辛牛蒡・おからのサラダ・やさいたっぷりハンバーグ・ホーレンソウのツナ和え・サツマイモ餅をバイキング方式で各自のお皿に頂いてきて試食しました。これらのレシピはAコープや産直市にありますし、安芸高田市Hpでもご覧になれます。
e0149157_5594029.jpg
午後、歯科衛生士さんによる「歯を磨く意義」と「歯の磨き方実技」がありました。
[PR]
by keikonosato | 2010-11-27 06:01

小雪(しょうせつ)

e0149157_5205045.jpg
雨音を聞きながら終日ベッドで過ごしました。土壌調査立会い、ご近所の葬儀と寒風の吹く戸外でのお付き合いが続いたせいか、カゼをひいたようです。
e0149157_5211284.jpg
雨が上がった戸外は秋色が深まり、冬近しの風情です。もう一日、部屋を暖かくして外出を控えていましょう。手持ちの食材でクリームスープや具だくさんの味噌汁をつくり、胃に負担を掛けない、暖かい食事を心がけています。
[PR]
by keikonosato | 2010-11-24 05:22
e0149157_7484847.jpge0149157_7491394.jpg協定書に基づく土壌の現状調査地を戸島環境対策協議会代表・副代表5名・事務局が同席し、エスプレス大分広島支社長・取締役と話し合い、倉庫敷地内と近接する水田の水出口近くにきまりました。早速、試験業者である「東和環境化学」が、その2カ所の土と、ダイオキシン用にその周囲をそれぞれ4カ所の土のサンプリングを実施にかかられました。寒風の中、エスプレス2名と事務局がその土壌採取に立ち会いました。
[PR]
by keikonosato | 2010-11-20 08:32

芋掘り

e0149157_446557.jpg
午後2時過ぎ「明朝は氷点下になる」とSさんご夫妻が芋を掘りに来られました。

e0149157_4471054.jpge0149157_4472794.jpg次々に掘りだされたサツマイモ・種子島紫「おいどんいも」・里芋・あかめ里芋・菊芋を集め、土を落とし…と、keikoも少々お手伝いをしました。
「おいどんいも」の茎から出た若い芽は「おじやに入れると美味いよ」と奥さんが摘んで下さいました。「あかめ里芋」の茎は「ずいき」として食べられるとのコトで、軒下に釣して乾燥中です。また食のレパートリーが増えました。
[PR]
by keikonosato | 2010-11-19 05:02

タマネギを千本

e0149157_251651.jpg
午後2時過ぎ、頼んでおいたタマネギの苗が入手できたとSさんご夫妻が来畑。
まず紐を張り、その紐にそって浅くミゾを掘り、約10㎝間隔に苗を置き、指で穴を掘りながら苗を埋めてゆく…。根気のいる作業を、日暮れまで続けられました。
先週植えられた500本。3日前の赤玉ネギ200本、今日の300本、合わせて千本になるのだそうです。
[PR]
by keikonosato | 2010-11-18 03:08
e0149157_4325490.jpg安全な食べ物は自分でつくる(原料から)という人たちが増えています。keikoも野菜は有機無農薬栽培なのですが、米やミソの原料までは手が届きません。しかし「食べてご覧なさい」とあちらこちらから頂戴しています。無農薬栽培の原米・自家製大豆で作ったミソ・戸島で獲れた鹿肉・手作りコンニャク・手作りユズミソ…
身土不二「その土地で取れたものを土地の食べ方で食べる」コトが身体に良い。…ということのようです。keikoなりにいろいろ作ってみました、
・玄米ご飯:玄米を1時間水につけ、電気炊飯器の「玄米」メニューで炊く。
・味噌汁: 炒り子でダシを取り、切った水菜を入れ、手作りミソを溶かし火を止め、みじんに切ったネギを入れたわんに盛る、
・こんにゃくの酢味噌和え:手製コンニャクをお湯でゆがいて、水を切り、酢味噌で和えてゴマを降りかける。
・鹿肉のステーキ:鹿肉を1センチ位の厚さにそぎ切りをし、三次赤ワインに30分浸けておき、フライパンで両面を焦がさないように焼く。
 手作りのユズミソ・梅ミソ・ポン酢など好みでいただく。
・付け合わせ:ミズナのおしたし・白菜のあっさり付けなどを添える。
野菜以外は頂き物です。玄米ご飯は噛めば噛むほど、うま味が口の中に拡がり、甘味があり、おかずナシでも美味しくいただけます。完全食品に近いといわれる玄米は、玄米に不足する必須アミノ酸(メチオニン・リジン・スレオニン)を数匹の炒り子で補えば、栄養学的に問題はないようです。電気炊飯器のおかげで、玄米が簡単に美味しくいただけます。今の白米が無くなったら見本をいただいたMさんのお米に切り替えることにします。
[PR]
by keikonosato | 2010-11-17 05:23

パソコン同好会

e0149157_4441995.jpg
昨夜来の雨で黄砂が洗い流されたのか、縁台で行っている朝の「転げん体操」のときにクシャミが出ませんでした。4日前にSさんが植えられたタマネギの苗も活着したようで、元気に立ち上がっています。
e0149157_4444262.jpg
午後のパソコン同好会では「うさぎ年」の年賀状を創り、批評し合い、雑談(安全な食べ物について)で盛り上がりました。
e0149157_4451097.jpg
お帰りになる皆さんを送って庭に出ると、平畝山の紅葉が夕日に染まっていました。
[PR]
by keikonosato | 2010-11-16 05:04