広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

<   2010年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

自然保護指導員研修会

e0149157_4574412.jpg
一般社団法人 広島県山岳連盟主催の「2010年度 自然保護指導員研修会」を受講しました。開会挨拶に続いて、広島県山岳連盟普及部自然保護担当チーフの福永やす子さんから「自然保護指導員の心構え」・新潟県で開催された「日山協22年度総会」・「山岳環境保全に対する広島県岳連の取り組みについて」などの報告がありました。

e0149157_4583327.jpg基調講演「広島県の水と自然、水と環境への関わりについて」の講師:佐々木健氏のお話は「広島県の名水は殆どが軟水である」・「それらは日本一美味しい水である」、そうして、その軟水が「紅葉まんじゅう」や「広島風お好み焼き」を生み、美味しい「醸造酒」が出来る、…というようなことでした。あっと言う間の1時間半でした。

e0149157_4584991.jpg午後からは佐々木健先生とそのお弟子さんによって「水に関しての実験」がありました。keikoは手間のかかる分析手法よりも、山で「沸かさなくても飲んで良いかどうか?」の予測ができる、小指ほどの簡易テスターに興味を惹かれました。これは「山に行くときに持ってゆくと便利だろうな」と思いました。
[PR]
by keikonosato | 2010-10-18 06:24
せっかく広島に出るのだからと。午前中に「ミツバチの羽音と地球の回転」を横川シネマで観ました。「ミツバチの羽音は小さいけれど、いつも風を送り続けている」。祝い島とスエーデンでエネルギーの自立に取り組む人々の姿をみながら、循環可能な社会について考えました。今、自分が日々できることは「もったいない」の実践と、できるだけ「自給自足」を続けることくらいしかできないのですが…。
e0149157_3205525.jpg
「原発の町に暮らして」のお話をされた芦原康江(島根県原発増設反対運動代表)さんのお話には心打たれるものがありました。「過疎地に原発やゴミを押しつけるのは数を頼んだ暴力だ」と、悔しくてなりませんでした。
[PR]
by keikonosato | 2010-10-17 03:22
e0149157_4501558.jpg
安芸高田市消費生活相談員の橋本由紀さんから〜悪質商法に気をつけよう〜というテーマでお話をききました。寸劇あり、クイズありで、眠気と闘う必要もなく過ごせました。寿大学は、時代とともに変わる「常識」を改めて学び直す場として位置づけています。そしてウィークデイに開催されるので、車を持たないkeikoにとって、バス便やお太助ワゴン便が使えて便利なのです。
[PR]
by keikonosato | 2010-10-16 05:10

秋の空

e0149157_354740.jpg
朝夕はストーブが恋しいほど冷えるのですが、霧が晴れると汗ばむほどに暖かくなります。柿の葉が散り、かさかさと賑やかな音を立てながら道の上を舞っています。
[PR]
by keikonosato | 2010-10-13 04:05
門外漢のkeikoがたまたま手伝っていた「十方山林道(細見谷林道)」の植物調査をとおして「エントロピー学会」に入会させて頂きました。送られてくるエントロピー学会誌「えんとろぴい」の論文を読むのが愉しいというだけの会員ですから、いまだに「エントロピー」が理解できておりません。勝手に「ヒトが生活する上で排出するあらゆるゴミ問題を考える会」と位置づけしています。先生方ごめんなさい!
それと、COP10は「ヒトは生物の一種に過ぎない」ことを謙虚に考える会議であると、思っていましたが…。国の利害が優先し、難航しているようです。エントロピー学会の先生方のように、地球の将来を見据えた議論がなされなければ、「生物多様性」というコトバが、keikoには「空念仏」に聞こえるのですが…。
[PR]
by keikonosato | 2010-10-12 06:23
e0149157_4335176.jpg
e0149157_434661.jpg朝、Sさんは縁台に座り、暫く前の畑を眺めておられる。そのとろけそうなお顔……。その間にゴーヤジュースを作り飲んでいただきます。
今日はブロッコリィーとカリフラワーの苗を、お昼過ぎまでかかって丁寧に植えられました。
いま畑では、長ナス・丸ナス・オクラ・ミニトマト・ゴーヤが収穫できており、エゴマ・キクイモ・黒豆・里芋・紅里芋・サツマイモ・紅サツマイモが収穫を待っています。冬野菜の白菜・大根・紅大根・カブ・赤カブ・人参・水菜・チンゲンサイ・ターサイetc.が勢いよく育ちつつあります。今日植えられた2種を加えると20種類以上の野菜が植えられているのです。キャベツ類大好きなモンシロチョウが早速その上を飛び交い始めました。朝の青虫チェックをkikoの日課とすることをSさんに約束しました。
[ゴーヤジュース]
採りたてのゴーヤ1本の種を取り乱切りにし・バナナ1本も乱切りにし、飲むヨーグルト200ml・蜂蜜大さじ2杯・スキムミルク大さじ2杯・冷凍したミニトマト10個くらいをミキサーにかける。
[PR]
by keikonosato | 2010-10-08 05:23

向原ヘルスメイト月例会

e0149157_6202255.jpg十月のテーマは「高血圧予防」です。安芸高田市保健課の竹本栄養師の高血圧とその予防についての講義をお聞きし、調理にかかりました、
今日の「塩分を減らして高血圧予防」のメニューは「魚のソテーおろし大根添え」「ほうれん草とブナシメジの辛子酢和え」「レンコンのきんぴら」「具だくさんの豆乳入味噌汁」で、エネルギー577kcal,塩分2.3gです。
[だし割り醤油の作り方]
鰹と昆布でダシを取り、冷めたらダシと醤油を1:1の割合で混ぜ合わせる。
冷蔵庫にストックし、何にでも醤油を掛ける人に薦めると、減塩になるハズです。keikoは煮物、和え物、吸い物・・・、醤油代わりに使っています。
[PR]
by keikonosato | 2010-10-07 06:46
e0149157_5493974.jpg
丑寅会は向原中学校を昭和?年卒業生グラウンドゴルフの会です。たまたま出席した同期会で丑寅会があることを知り、戸島にUターンする1年前に、メンバーに加えてもらいました。同級生たちから「けいちゃん」と呼んでもらえた心安さから、田舎に帰る決断をすることが出来たのです。2ヶ月に1回の例会には20人近くが集まります。
公園中央を「中国自動車道」が走る「備北丘陵公園」は、国営のせいでしょうか、行き届いた設備です。入園料400円(65才以上200円)ながら、子供から高齢者までが整備された自然(?)のなかで一日中楽しめるようになっています。街に住む人達には、この自然景観維持に日々どれだけの人手と経費が掛かっているかは想像もつかないでしょうが、整備のためにかなりの雇用を生んでいる設備であることも事実です。この日も芝生の中では女性達が草取りをされており、落ち葉を集めている男性達を散見することが出来ました。水洗トイレ・自動販売機・遊歩道…完備、ここは「自然の疑似体験が出来る遊園地」なのだと割り切るべきなのでしょう。
e0149157_5501223.jpg 帰路に立ち寄った「三次ワイナリー」ではワインジュースや干しぶどうを試食し、お米で作ったシフォンケーキを購入して「米価が下がった」と嘆いている米作り農家であある同級生達に「お米を食べようよ」と、食べて頂きました。「美味しい!」と好評でしたが、瞬く間に品切れになりましたので、布野の道の駅でも売っていることを教えてあげました。
[PR]
by keikonosato | 2010-10-05 06:44
e0149157_354546.jpg
心配された雨予報の中での開催でしたが、けがもなく盛大に終了しました。
e0149157_3542255.jpg
浜田市長参加のアベック競争中に、お清めのような通り雨がありました。
[PR]
by keikonosato | 2010-10-04 04:05
e0149157_4204110.jpg
1956年(昭和31年)、広島大学理学部植物学科の堀川教授によって始められた市民参加型の自然観察会が500回目を迎えるとのこと。keikoは1930年頃、堀川先生にお世話になった記憶はうっすらとあるのですが、その後は子育てと仕事に追われてご無沙汰していました。仕事を辞めた1995年頃からヒコビア植物観察会に参加させて頂くようになりましたが、戸島に帰ってからはご無沙汰することが多くなりました。
でも今回は500回記念です。会場の宮島に向けて朝7時前に家を出発しました。
e0149157_4205823.jpg関先生お奨めの「宮島桟橋〜うぐいす道〜紅葉谷公園〜あせび道〜大元公園」のコースを、関先生のメモ用紙をカメラに納め、広島大学大学院理学研究科生物学・宮島自然植物津実験所の先生方、ヒコビア会植物観察会の先輩会員さんたちのお話を聞きながら2時間を歩き、祝賀会会場に到着しました。
出口博則理学部長の挨拶で始まった祝賀会では、これまでの観察会の写真が写された後、350数回参加の会員や90才現役会員の紹介がありました。「ヒコビア会植物観察会」への参加を続けるために、「しっかりトレーニングをしよう」と誓いながら芸備線にゆられて帰りました。
[PR]
by keikonosato | 2010-10-03 04:21