「ほっ」と。キャンペーン

広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

<   2010年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

車庫?の棟上げ

e0149157_4115942.jpg前の畑を作ることになったSさんのミニ耕耘機を置く車庫?の柱立ての日です。数日前からノミと鋸で柱に切り込みを入れ、組み立て…。昨日は朝から友人に手伝って貰いながら、正午前には柱が立ち上がりました。餅まきは、頂き物の柴餅を手渡しで代行し、お手伝いの方の奥様から差し入れられた、豪華な「五目冷や麦」でお昼ご飯をいただきました。午後からは、使わなくなったトタン波板を使っての屋根葺きです。素人作業とは思えない、本格的なできあがりです!
[PR]
by keikonosato | 2010-05-30 04:45
e0149157_532756.jpg
縁台の隅に置いていたフクロウの飾り棚を、Sさんが作って下さいました。
桜の枝を使ったなかなか風情のある台です。
フクロウは不苦労に繋がるとか…、ボタンで作られた小さな丸い目が、縁台に集う人たちを見つめているようです。
[PR]
by keikonosato | 2010-05-29 05:38

田毎の月

e0149157_6474171.jpg本を読んでいて眠くなったので灯りを消したら、窓の外がやけに明るい。縁台に出てみると平畝山の上にまん丸い月。明日は満月なのデス。月の光が植えられたばかりの田んぼに写っています。月明かりの中をのんびり走る2両編成の芸備線。お届けしたかったのですが、keikoのデジカメ技術では撮影できませんでした。
[PR]
by keikonosato | 2010-05-28 07:10

緊急時の炊き出し訓練

e0149157_4171117.jpg
e0149157_4172715.jpg向原町女性会主催のグループワークに参加しました。まず、日本赤十字社広島支部社員3名の指導による緊急食の作り方です。ハイゼックス炊飯袋に米と水を入れ、沸騰したお湯に入れ40分茹でます。その間に、安芸高田市危機管理室職員より、安芸高田市の防災についての話を聞きました。自主防災組織の協力が要請されていることを話され、戸島地域振興会が、今年の1月に設立したばかりの「自主防災組織お隣さんグループ」の運用のヒントをいただきました。6月1日発行の「戸島地域振興会便り」には「お隣さんグループとは?」を同封するのですが、周知徹底には、これから諸々のことの積み重ねが必要だと痛感しました。
[PR]
by keikonosato | 2010-05-27 05:01

今日も縁台で…

e0149157_5165029.jpg三日ぶりの好天デス。
Sさんご夫妻が姪御さんを連れてサツマイモを植えに…、隣家には当主の従兄弟が草刈りの助っ人に…。縁台でお茶をしながらの一休みです。
昔の家には「えんがわ」があって、農作業の合間には、ご近所外交の場にもなっていたものです。
[PR]
by keikonosato | 2010-05-26 05:28

縁台…

e0149157_703229.jpg
お孫さんを連れたSさんご夫妻と賑やかにお茶…。そこに又…という具合に「縁台」は文字通りご縁の台です。これから暖かくなると毎日縁台の周りが賑わうハズです。
[PR]
by keikonosato | 2010-05-23 07:10

イシクラゲを食べました

e0149157_5542583.jpg「堀さん、コレを食べてみて下さい」と母屋の住人が味噌汁を持ってきてくれる。「イシクラゲといいます。食べた後で正体を調べてください」という言葉と、謎のような笑顔に、ふと裏庭に群生するコケのようなものを連想。味噌汁の中に浮く海藻のような物体をすくい取り、口に含むとワカメのような食感があり、まずまずだ。
調べてみると、予想したとおりのモノだったのだが、イシクラゲがネンジュモ属という藍藻の仲間ではあるが、藻ではなく細菌であることが判明。「食べた後で調べて下さい…」の謎解きができる。あの地表を覆うグロテスクな物体が、食べられるとは?「とにかく食べてみて下さい」の言葉が添えられていなければ、とても食べる気にはなれない物体でしたが…。
良い体験ができました。アリガトウ!
[PR]
by keikonosato | 2010-05-22 06:38

建設産業委員会を傍聴

e0149157_584032.jpg防災無線が市議会の傍聴を呼びかけていました。天気予報は終日雨、所用を片付けに吉田の町へ出掛ける。昼までに用事を片付け、午後からの産業建設委員会を傍聴しました。向原町特産の「えびす茶」を安芸高田市の特産品にする政策や「防獣柵設置」に予算措置が講じられている事は納得できたのですが、赤柴山湿原を通る「林道入江戸島線開設」に、環境アセスもないまま、4億もの予算がつけらていることに対して、市議会議員が誰一人として質問されなかったことには失望しました。「道を付けることは善なり」の風潮が生きていることに、前近代性を感じました。
[PR]
by keikonosato | 2010-05-20 05:39

畑を有効利用

e0149157_525329.jpg前の畑の空いている部分をSさんが耕作してくださることになりました。数日前から小型耕耘機持参で耕されていましたが、午後奥さんとご一緒に来られ「今夜から雨になりそうだ」と、枝豆を植えて帰られました。日に日に黒い土が見え、畑らしい部分が増えていくのを見ると嬉しくなります、
[PR]
by keikonosato | 2010-05-19 05:46

草刈りボランティアたち

e0149157_6531947.jpg
e0149157_741833.jpg朝8時過ぎ、減反対象田として提供している田んぼの横に軽トラックが停まり、5区の方お二人が草刈りの支度を始められる。「まーその前にお茶でも」と縁台でコーヒータイムをしていると、Sさんが草刈り機持参で到着。我が家から県道までの市道路肩に伸びる目障りな草を苅って下さるとか。昼前には、路肩に伸びていたスイバの赤い穂がなくなり、市道がスッキリしました。

e0149157_74485.jpg夕方「大万木山にサンカヨウの花をを見に行ってきた」と山稜会にいた仲間が立ち寄ってくれました。「草刈りで困っているようなら手伝いに来ようかと思ったが大丈夫そうだな」と安心して帰ってゆかれました。過疎高齢化の田舎はこのようなボランティアさんがあって維持されているのが現状です。
[PR]
by keikonosato | 2010-05-17 07:20