「ほっ」と。キャンペーン

広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

<   2010年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

e0149157_6364117.jpg
e0149157_6454430.jpg昨夜8時過ぎ「吉田にいる…」とSさんから電話が入る。大急ぎで外灯をつけておき、県道沿い迄迎えに出る。
後部座席に女性薬剤師の大先輩であり、人生の師と仰ぐ文枝先生が乗っておられる。「叔母を貴方に会わせたくて」とSさん。文枝先生は今年で百才。
旧懐を暖めた後、玉川邸にご案内。
邸主夫妻と来られていたお客様を交え、ブログ用にと記念写真を撮らせていただきました。
山側の里道から見ると、水が張られた田圃に映る桜が絶品でした。
[PR]
by keikonosato | 2010-03-31 07:05
e0149157_5223928.jpg
向原町女性会総会に於ける特別講演は、文京女子大学 人間科学部人間福祉学科 蛯江紀雄教授による「地域ケアについてでした。「福祉は時代とともに動いている」という考えに立たれる講師は、これからの福祉には、血縁・地縁によらない「支え合い」の仕組みづくりが必要だと話されました。話の中には、今はやりの「行政と住民の恊働」という言葉もでてきました。多様化した価値観と高齢化のなかで「支え合い」システムを構築するには…?その具体策は…? 自問自答しながら聞いていると、睡魔に襲われる午後の時間があっという間に過ぎていました。
昨夜は夢の中で、一月に設立したばかりの「戸島地域自主防災組織お隣さんグループ」のシステムを「戸島地域支え合い・自主防災組織『お隣さんグループ』」に名称を変更し「戸島の支え合い」システムの骨子することを考えていました。
[PR]
by keikonosato | 2010-03-30 05:57

しだれ桜と春の雪

e0149157_516348.jpg
e0149157_4282195.jpg
桜が咲き始め、「春が来た!」かと思うと、雪がちらついたり、霜がおりたり…。
春は名のみの?。でも日が暮れ、向かいに見える毛利川邸跡のしだれ桜が灯りに照らされ始めると「春なのだ!」と感じる今日この頃です。
[PR]
by keikonosato | 2010-03-29 04:42

合併浄化槽点検

e0149157_55646100.jpg向原町は、町村合併前に全町に上下水道整備を行われました。当時、かなりの抵抗があったようですが、奥田町長の英断だと聞かされています。
生物は合成洗剤の影響を受けやすいのです。家庭で何気なく使われている洗濯・掃除・台所用品は、生き物たちにとっては怖いモノなのです。戸島川に絶滅危惧種の魚が多い理由のひとつに、源流地帯である戸島地域の下水道整備があげられると考えています。事業終了後に家を新築する場合、下水道本管までの距離があれば、合併浄化槽の設置をしなければなりません。我が家の浄化槽は向原町第三号機ですが、維持管理は安芸髙田市がやってくれます。水道代は広島市よりも割高なのですが、便利な生活をすることでの環境負荷を考えると、当然のことだとおもいます。
[PR]
by keikonosato | 2010-03-28 06:56

芸緯線と鹿が衝突

e0149157_4491340.jpg昨日18時30分から広島市であった山稜会の臨時総会に出席しました。懐かしい顔ぶれに出会えたのですが、広島駅21時発の列車に乗らないとタクシーがなくなるので、途中退席しました。それなのに…、その列車が志和口駅で「下り(広島行き)列車が鹿と衝突したため、しばらくお待ち下さい」と車内アナウンスがあり、とまってしまいました…。でも10分遅れで発車し、駅にはまだタクシーがあり、雨の夜道を歩かないですみました。日が暮れて芸備線に乗ると、鹿との衝突事故が度々あり、単線のせいもあり志和口駅での離合待ち合わせによく遭遇します。これからは、もう一便早い20時発の列車では帰るように心がけます。
[PR]
by keikonosato | 2010-03-26 07:18

しだれ桜ライトアップ2

e0149157_6053.jpg雨がや止むのを待っておられた則川邸が、雨の合間を縫って、しだれ桜をライトアップされました。戸島川沿いにあるお宅なので川土手まで歩いて見に行きました。明日雨が上がれば、毛利川邸もライイトアップされる予定だとか…。この二ヶ所の桜は、我が家から見えるので楽しみにしています。4カ所の桜巡りをして1時間少々、丁度いいウォーキングコースです。
25日夕方、1区の毛利川邸跡もご近所さんの好意により、ライトアップされ、一区・二区・三区にかけての芸備線と県道37号線沿いで夜桜を愉しんでいただけます。樹令百〜二百年といわれる古木ソレゾレが、得も言われぬ風情を魅せています。12年前から、ライトアップを続けていらっしゃる(樹齢三百年を超える?)玉川邸の華やかさもモチロン見事なのですが、しだれ桜には幽玄の世界も似合っているように思えます。
2月27日、中国新聞に「しだれ桜ライトアップ」の記事が掲載されました。
[PR]
by keikonosato | 2010-03-25 06:15

しだれ桜ライトアップ

e0149157_625545.jpg
しだれ桜のライトアップが始まりました。12年前から続けておられる6区の玉川様は早めに準備をしておられ、蕾が膨らんだ3日前に点灯されたのですが、今年初めてのお宅は準備でき次第ということで、昨夕から2軒目が点灯を始められました。
ライトアップを熱心に勧めてまわられたSさんに連れられ、昨夜は「雨の夜桜見物」としゃれてみました。光に浮かぶ咲き始めの桜の花は荘厳でした。
今年はさらに2軒のお宅が点灯を予定されており、芸備線(向原駅〜吉田口)の窓からも楽しんで頂けそうです。  (写真提供:玉川祐光様)
[PR]
by keikonosato | 2010-03-24 06:24

彼岸のお墓参り

e0149157_631159.jpgやっと昨日、彼岸のお墓参りに行ってきました。戸島に住む人がおられなくなられた家を含め、どのお墓にも新しいお花が供えてありました。「遅くなってゴメンナサイ!」と謝りながらの墓掃除でした。
先日の暴風で木の枝や葉っぱがイッパイ吹き寄せられていました。
[PR]
by keikonosato | 2010-03-23 06:41

三矢の里神楽共演大会

e0149157_4335538.jpg
吉田運動公園で行われた「神楽」を観にゆきました。久しぶりの神楽観賞でした。
岩見神代神楽上府社中の「八岐の大蛇」の迫力と芸の細かさはモチロンなのですが、各神楽団ともに夫々の工夫があり十二分に楽しませていただきました。
北広島町琴庄神楽団の「滝夜叉姫」のラストシーンで、滝夜叉姫の衣装が淡い「辻ヶ花」らしいものに変わリ、「最後は、夜叉から姫に還ったのだ!」と思わせるような優しい演出は感涙ものでした。
神楽は度々観に行きたいのですが…。昨日は安芸髙田市役所前からは会場迄シャトルバスが運行されてはいたのですが、そこ迄のバスは日祭日は運休。…ということで、知り合いと相乗りで、タクシーを利用しました。
[PR]
by keikonosato | 2010-03-22 05:22

「ふみ子の海」と春の嵐

e0149157_3261656.jpg向原町女性会募集の送迎バス付き「ふみ子の海」鑑賞会に参加しました。涙なくしては観られない映画だということでしたが、女性や身障者が差別された時代を生きてきた者には「あんなこともあったなー」「今はだいぶん良くなったなー」との思いが強く、涙はでませんでした。
 本が少なかった子供時代に父が買ってくれた「ヘレンケラー伝」を読んで「これからは男女平等の時代になる。女も障害者も正当に評価される時代がくる!」と信じ、それなりに頑張ったつもりのkeikoとしては、「権利と責任は表裏一体なのだ」ということを訴えている映画のように思えたのです。

 家に帰り着いたら、「急速に発達している低気圧の影響で、これから21日にかけて、西日本から北日本の広い範囲で非常に強い風が吹く見込みです。」の予報どうり、風が強まっていました。それから次第に、強風に煽られた横殴りの雨が窓に吹き付けるようになりました、さらに日が暮れると、雷鳴が加わりました。この家に移って初めての強い嵐でした。おまけに、風向きが北北西であるため、田圃の上を吹き抜けた風が、我が小屋にまともに当たります。
 風と雨の音を聞きながら、頂戴したばかりの「東村山 ふるさとの昔語り」を読み終えました。本に書かれた場所とは、住む所が違っても、keikoが子供の頃を過ごした、田舎の生活を思い起こす、懐かしい話が多かったこともあり、嵐の怖さを感じないで過ごす事が出来ました。
[PR]
by keikonosato | 2010-03-21 02:22