「ほっ」と。キャンペーン

広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

<   2010年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

e0149157_6523511.jpg
芸備線に乗って行ってみました。井原市駅には快速が止まらないので、開場1時間前に着く列車でした。丁度設営が始められていたので、忙しそうに焚き火の準備をしておられた方に、お手伝いを申し出たところ火の番を申しつかりました。
e0149157_7271082.jpge0149157_7333979.jpg青いジャンバーを着たスタッフとおぼしき方達がテントを立ち上げ、広場の中央に椅子をセットされてゆきます。協賛のお店の商品が並び、午前9時「青空市場」開店です。一番人気はフリーマーケットです。keikoも焼き物クラブの作品「まねきねこ」を買いました。
e0149157_771585.jpg
しばらくすると、「あったかーいうどん」が出され始めました。一杯250円です。
みなさんお忙しいそうだったので改めてお話を聞かせていただくことにしてお名刺を頂いて帰りました。トップの写真はそのお名刺をコピーさせていただきました。
e0149157_7231745.jpge0149157_7233384.jpg
朝市は毎月第4日曜日9時開店.
「気まぐれ食堂」は3月は5日・12日・19日昼どき開店で、メニューは「ひな祭り定食」だそうです。寄らせていただければと思っています。
[PR]
by keikonosato | 2010-02-28 06:50

春が来ました!

e0149157_526314.jpge0149157_5261887.jpg

    ここ数日暖かい日が続いています。

オオイヌノフグリ・コハコベ・タネツケバナ…、春の花が道ばたや畑の隅で咲き始めました。そろそろ石垣や畑の草を取り始めなければ…と思っています。
[PR]
by keikonosato | 2010-02-25 05:39
e0149157_3531943.jpg
e0149157_356965.jpg昨日は、戸島4区5区のふれあいサロンの総会と懇親会がありました。軽い体操からはじまり、総会をすませ、お弁当を食べながらの懇談と遊びです。恒例のビンゴゲームでは、景品にサロン手芸同好会メンバーから手作りの作品が多数出品されており、「やったぁー」「それが欲しかったのにー」などなど…、盛り上がりました。

e0149157_4115914.jpg
その後、メンバーの車に同乗させていただき、向原若者センターであった「人権講演会」にゆき、落合恵子さんの「こころの居場所」というお話を聞きました。人権とは「それぞれの私が私を生きる、あなたがあなたを生きる」ではじまり、「年寄りが長生きをしたことを悔やまない社会」が人権のある社会ではと締められました。パワフルな熱弁に1時間半はあっという間でした。
[PR]
by keikonosato | 2010-02-22 04:32
e0149157_421968.jpg2月19日甲田のミューズで開催された講演会を聴きに行きました。甲田町の知り合いに誘われ、公共交通機関が利用できないだろうと、送迎までして下さるという大サービスでした。会場は前売り券が売れすぎたとかで、補助椅子が舞台すれすれまで出されていました。当日券の方は立ち見です。
写真を写しながら苦労話を笑顔で語られる1時間はあっという間でした。その中で耳に残った言葉を記しておきます。「リンゴは育てない・お手伝いをするのだ」「生かして生きる」「夢を信じる力を育てよう」「今できることを今しよう」「できないではなく、できさすためにやるのです」。
そうです、そうなのです…。木村氏が最初に述べられたように「自分を信じることが夢の第一歩」なのです!

今、戸島住民が取り組んでいる、法的には阻止できそうもない「特別管理産業廃棄物積み替え保管庫」が移転してくる問題にも、諦めず・根気よく取り組み、田圃の真ん中にカドミウム・水銀等の危険物を含む物質を保管し、積み替え作業を行うことの非常識さを世間に訴え続けることの意を強くしました。「出来ないではなく。出来さすためにする!」のです。
[PR]
by keikonosato | 2010-02-20 05:11
e0149157_454338.jpg
平成21年4月1日に「安芸高田市男女共同参画推進条例」が制定されました。「何で今更?」とは感じていたのですが、「男は…女は…」という言葉が多用された今日の講演を聴いてナットク?しました。そこに安住したい男の発想がしからしめた条例なのであると。
訓練された女性は多角的視野をもち、耐えるという特技があることに男性達が気づかれさえすれば、男女共同参画という言葉は不要になると思うのですが…?
[PR]
by keikonosato | 2010-02-14 04:22

地域住民で防獣柵を延長

e0149157_5201358.jpg
戸島地域のあちこちで防獣柵づくりがなされています。戸島5区3班の裏山には、2年前には柵を設置し、鹿やイノシシの侵入が見られなくなったのですが、隣の2班の裏山から侵入した鹿などが紛れ込んでいました。今回、住民の合意が得られたということで、柵を延長することが決まったと案内がありましたのでお手伝いにでました。

e0149157_5284552.jpge0149157_529216.jpg
まず、全員で古い網ネットとトタンを撤去し、済んだところから、草を刈られます。
e0149157_5325742.jpg
一休みしているところに「子供がいて手伝えないから…」とケーキの差し入れがありました。ケーキも美味しかったのですが、気持ちに癒されました。
e0149157_5513076.jpg休憩後、前回の設置で手慣れた3人が杭を建て、金網ネットを張ってゆかれます。そのたの男と女達は材料運びです。ぬかるんだ田に足を取られ、急斜面を喘ぎながらの作業はなまった体には結構きついものでした。
e0149157_540534.jpgこの先は午後からということで帰ってきたのですが、どうにも体が動かず午後のお手伝いはパスしました。でも今日の午前中はお手伝いに出るつもりです。80代の女性が頑張っておられるのだから、横着はできません!
[PR]
by keikonosato | 2010-02-13 05:59
e0149157_671681.jpg健康安芸高田21推進協議会食生活・歯部会が「広報あきたかた」などで昨年から募集している「我が家の一品」への応募メニューの内6品を、会員有志が集まり、栄養士さんの指導で、試作し、試食しました。「こんな食べ方があったんだ!」といいながら、美味しくいただきました。全作品の写真を撮り、メニュー表を作って、市内の直売場などに置かせていただくことと、市の広報に、季節にあったメニューを随時載せていこうということが決められました。
[PR]
by keikonosato | 2010-02-11 06:24

地域の自慢 戸島の宝

e0149157_4413760.jpge0149157_4292662.jpg







安芸高田市市民フォーラム「あきたかた物語」〜第6章〜で戸島地域振興会の活動を発表しました。昨年「女性の発表がない」という講評があり「戸島は女性にやらそう」という動機からの人選でした。とはいえ皆さん心配だったようで、前日は電話の激励が数本あり、わざわざアドバイスに訪れて下さる方もありました。「写真が多いのだから原稿は読むな」「ゆっつくり・はっきりと」「…」。かなり緊張はしましたが、何とか終えることが出来ました。でも、できあがったばかりの、戸島の宝を盛り込んだ「自然マップ」の実物を会場でお見せする積もりでしたが主催者の「終了」サインに慌てて、お見せすることを忘れてしまい、頑張って下さった方には失礼をしてしまいました。やはりあがっていたのでしょう。「ごめんなさい!」
昨日、発表の模様を同級生が「90点だったよ」とDVDにして届けてくれましたので、あつかましくもご紹介しました。
           平成21年度 戸島地域振興会の活動
@恒例になった事業
第6回 グラウンドゴルフ大会(教育文化部・福祉部)  7月4日(火)
第33回 戸島親善ソフトボール大会(教育文化部) 8月14日(金)
秋の交通安全テント村開村に協力(総務部)  9月29日(火)
第6回 戸島地域親善スポーツ大会(教育文化部・福祉部) 10月4日(日)
     AEDによる救急蘇生法の講習会を併催
第5回 ひとり暮らし高齢者の集い(福祉部)11月21日            
     食生活改善推進員が昼食の弁当を作る
第4回 戸島をもっと知ろうフィールドワーク(教育文化部)「戸島の昔と今」
  石川工業本社工場   正力祇園社     11月29日(日)
  戸島地区簡易水道浄水場   戸島浄化センター   末重農園
@通年事業    
戸島地域振興会便り年4回発行(総務部)最新刊22号
地域安全青色パトロール   毎月第3土曜日・12月19〜25日
 パトロール実施者証保持者(13名)が2名と地区からの協力者2名で地域を巡回
リサイクル事業(地域振興部)  毎月第一日曜日に地区が交替で分別確認作業
 収益金を振興会事業に活用 搬入しにくい方に振興会役員がお手伝いをしている
@21年度に新しく取り組んだ事業
戸島地域自主防災組織「お隣さんグループ」設立  平成22年1月24日(日)
戸島地域情報マップ(自然編)発刊(教育文化部)        2月5日
専門家を招いて戸島川魚貝類調査 平成21年11月22日(日)
[PR]
by keikonosato | 2010-02-09 05:08
e0149157_1756445.jpg
体長55センチのコイを捕まえたとご近所さんが見せに来てくださいました。戸島川で泳いでいるのは見かけても、敏捷で中々捕まえられなかったのだそうです。
e0149157_17562335.jpg
それとタニシだとしていたのがオオタニシであり、広島県の準絶滅危惧種になっていると教えていただきました。これで、「レッドデータブックひろしま2003」に掲載された魚貝類及び両生類で戸島川で確認されたものが10種になりました。
[PR]
by keikonosato | 2010-02-03 18:03
e0149157_4222612.jpg
甲田町文化センター「ミューズ」であった「安芸高田市の農業振興と地産地消の展開」を知り合いに誘われ聴きに行きました。
明治大学農学部小田切徳美教授による「農山村の再生に向けて」と題した1時間の基調講演のメニューを紹介してみます。

Ⅰ. 農山村再生の挑戦ー新しい経済とコミュニティ構築
 (1)新しい地域産業構造の構築-「4つの経済」の提案
   ①第6次産業型経済(1次 ×2次×3次産業)  ②交流経済型産業
   ③地域資源保全型経済(共感形成型産業)   ④小さな経済
 (2)アタrしいコミュニティーの構築ー「手作り自治区」の提案
 (3)地域の取り組みの体系化  (長野県飯田市の実践を紹介)
Ⅱ. 新たな地域再生策の展開と課題ー旧政権から新政権へー

休憩を挟んであったパネルディスカッションのパネラーを紹介しておきます。
田中秀介(広島北部農業協同組合営業部長,昭和53年より22年間営農指導員)
小林元(JA総合研究所基礎研究部主任研究員・広島大学農学博士)
根岸久子(埼玉県生まれ著書に「学校給食を考える」「農産物自給運動」等)

ヒントは沢山頂いたのですが、辺りを見回したとき何が出来るのか…。
安芸高田市で暮らせる幸せを喧伝し、空き屋に住む人を募集してはどうでしょう。
自給自足的生活は60才からのライフスタイルにはおすすめです。
モチロン若い方大歓迎!「集落営農の専従者」「休耕田の草刈り引き受け隊」「…」その気になれば「田舎活性化支援隊」的な仕事があるように思いますよ。
[PR]
by keikonosato | 2010-02-03 05:44