「ほっ」と。キャンペーン

広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

<   2009年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

e0149157_15575156.jpg
住まれるのは、30代のご夫婦と幼児の3人家族です。7月末に見学に来られて以降、ご主人の熱意と慎重さにほだされ、結論をじっくり待っていました。昨日契約書が届き、10月に引っ越してこられることになりました。ゆっくりと田舎暮らしに馴染んでいただければ…と思います。

7月初旬に安芸高田市の空屋バンクに登録以来、次々と見学者があり、「田舎に住みたい!」という方の多さにびっくりしました。でも、ほとんどが定年退職をされてからの移住希望でした。若い方が「いかに生きるか?」ということに正面から向き合われて、「田舎暮らし」を選択される姿勢に感銘を受けております。
[PR]
by keikonosato | 2009-08-26 12:32
e0149157_4381244.jpg
芸北高原の自然館までは、臥龍山(苅尾山)で行われた、ヒコビア植物観察会のバスに同乗させていただきました。標高800mにある八幡高原は、既に秋でした。
e0149157_4515229.jpg
2年前まで、八幡湿原自然再生事業協議会の委員だったこともあり、湿原再生のその後を見てみたかったのです。

e0149157_45712100.jpgコンクリート張りだった排水路は撤去され、石積みで造られた堰から、蛇行した水路が巡らされ、湿原化は順調に進みつつあるように見えました。地元の方のお話では「先日の豪雨のとき、下流部に水害が発生しなかった」とのことでした。しかし、「安全性と景観性を考慮し」石積に見える堰の中はコンクリートだと知ると、いささか興ざめです。おまけに、予定地最下流部の排水路は未撤去で、かなりの範囲に「丁張り」が打たれ、堰堤が予定されているようにも見受けられました。自然館の書棚にあった資料には、大きな水溜まりが描かれていました。

e0149157_5104610.jpgとはいえ、登山や、湿原見学の人たちを乗せたバスが数台来ます。「高原野菜」が飛ぶように売れ、食堂や喫茶店が満席になっています。さらに、北広島町は自然を守るための条例を制定されています。「これでいいのかな?」と思うことは、多小あっても、自然を生かした特色ある地域振興策は範とすべきだと思います。
[PR]
by keikonosato | 2009-08-24 05:55
e0149157_585896.jpg姜 暁艶(ジャン ショウイェン)さんの演奏を、向原町公民館に聴きにゆきました。むかし旅した内モンゴルの砂漠が瞼に浮かび、そこに吹く風の音が聞こえてくるようでした。そして、彼女のトークは、副題にあった☆慈しみの心〜幸せへの扉〜☆そのものでした。寿大学・市民大学・向原町文化協会共催で、会場はあふれんばかりの聴衆でいっぱいでした。
[PR]
by keikonosato | 2009-08-21 05:46
e0149157_1631071.jpg新居の前の休耕田を、娘が畑にしてくれています。残暑厳しい中での作業なので、なかなか進みません。出来上がった場所に、友人からいただいた白菜の苗5本と、ジャガイモを植えました。これからタマネギと秋冬野菜を植える場所つくるそうです。畑が目の前にあると、管理しやすいので助かります。母屋の前を畑にしてはいるのですが、母屋を借りて住んでくださる方の希望があれば、お貸しする予定です。来年からは前の畑での野菜づくりをめざしています。
[PR]
by keikonosato | 2009-08-19 05:01

サルスベリ

e0149157_3581833.jpg新居の西側にあるサルスベリの赤い花が、青空をバックに揺れています。お盆を過ぎたら、一気に秋がきました。日中の日差しは強いのですが、日陰では涼風が吹きます。朝夕は肌寒ささえ感じるようになりました。母がお盆を過ぎたら、冬布団を用意していたのを思い出しました。
[PR]
by keikonosato | 2009-08-18 04:17

新成人にエール!

e0149157_5472815.jpg
安芸高田市はお盆に成人式が行われます。「健康あきたかた21 推進協議会」は、新成人の健康を願い、こんなウチワを配りました。

e0149157_5552835.jpg
ブログ掲載をご了解いただいた、明るいお嬢様方です。
「おめでとう!」  「朝ご飯は必ず食べてね…」
[PR]
by keikonosato | 2009-08-16 06:07

万客万来

e0149157_4272851.jpg
朝4時過ぎ、上の家に上がってゆく車の音します。蜂の巣撤去に来られたようです。明るくなった頃、無事撤去の報告をいただきました。

e0149157_4411116.jpgそして6時過ぎ、ゴミを捨てにいくと近くで「ズドン」と鉄砲の音が聞こえます。赤いチョッキを着た人の姿が見え、近寄ってみるとそばにオス鹿が倒れており、蜂の巣を取ってくださった方もご一緒です。防獣ネットに角が絡まった鹿を発見したその方が、「有害鳥獣処理班」の方に連絡をされたのだとか。その後、家に向かって歩いていますと、「今日8時から産廃持込み反対の看板を立てますから…」、と戸島環境対策協議会の役員さんから声がかかり、同行することになりました。9時過ぎまで、看板を2カ所に建てる作業におつきあいして、家に帰って草取りをしていると、植物調査でお世話になっている先生がお見えになり、3時過ぎまで滞在されましたが、先生がいらっしゃる間もお帰りになってからも、バタバタと来客が続きました。

e0149157_572319.jpgそして夕方…、大量の鹿肉が届きました。今朝捕った鹿の肉だそうです。ブロックごとに袋に入れて冷凍室に保存。月末にある広島山稜会の合宿の食材として使わせていただきます。それにしても多すぎる量なので、鹿肉好きの「森と水と土を守る会」の会長さんに連絡すると、夜8時過ぎにさっそく取りに来られました。お盆に家族でバーベキューするときに使いたいそうです。

その後、台風や地震の被害状況をネットでチェックしていたら10時を廻っていました。早寝早起きの keiko にしては、めずらしく遅い就寝時間でした。
[PR]
by keikonosato | 2009-08-12 06:14
e0149157_358235.jpg
応募者が多く、抽選により出演者50名が決められたとのことです。戸島地域から出演できることとなったお二人の晴れ舞台を取材しに、吉田までゆきました。が、日曜日はバス便がありません。しかたなくタクシーを利用しましたが、市のイベントの時くらいには送迎バスを出すなど…。車を持たない人や高齢者への配慮、公共交通機関の利用という「省エネ」への協力があってもいいのでは?、と思います。

とはいえ、開会時間にはクリスタルアージョの大ホールはほぼ満席! 大盛況だったことは嬉しい限りです。出演者も、幼稚園児から90?才まで。市民のど自慢らしい多彩さでした。みなさんたのしそうに朗々と歌われ、衣装も華やかでしたし、花束贈呈などもあって、会場は最後まで熱気に包まれていました。スペシャルゲストである吉田町出身のシャンソン歌手「真木洋介」さんが歌われた、平和への思いを込めた数曲には心打たれるものがありました。

e0149157_410554.jpg戸島から参加されたお二人は曲に合わせてTさんは着物(上の写真)、トリを務められたOさんはロングドレスを装って熱唱されました。出演順も抽選だったのだそうですが、Oさんは出演者代表でゲストに花束贈呈という幸運に浴されました。お二人とも「緊張はしたけれどこれだけ多くの聴衆を前に歌えて最高の気分です!」と仰っていました。
[PR]
by keikonosato | 2009-08-11 05:12

墓所の共同掃除

e0149157_1503392.jpgお盆を控えた昨日、墓地の共同清掃が行われました。毎年この日には数軒が集まり、参道や墓所周辺の草を刈って、墓地の草取りをします。この日は街に移住されている家の方も参加されます。我が家も、遠方に住む弟の奥さんが来てくれました。
[PR]
by keikonosato | 2009-08-10 02:12
e0149157_4153026.jpg


e0149157_4161239.jpgふと見上げた軒下、直径20センチはある新しいスズメバチの巣が目にとまりました。6月末、新居に移ったあとで大掃除をした時には無かったハズです。下の家に移ってからも、ほとんど毎日母屋に通い、戸の開閉や草取りはしていました。しかし、雨戸を入れる戸袋の上という目につきにくい場所ゆえ、気がつかなかったのでしょう。

巣分かれの時期以外、スズメバチはこちらが攻撃するそぶりを見せなければ無闇と刺したりしません。とはいえ、娘も keiko も虫毒アレルギーがあります。ミツバチを飼っている方に相談をしたところ、数日中に撤去を約束して下さいました。それまでは白い洋服と帽子で母屋に通うようにします。
[PR]
by keikonosato | 2009-08-09 04:19