広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

<   2009年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

女性会の研修旅行

e0149157_3592568.jpg
女性会恒例の日帰り研修旅行に参加しました。朝8時向原出発。マツダスタジアムを見学をした後、豆腐料理店で昼食。午後は呉市の(独)産業技術総合研究所でバイオマス技術について机上学習をし、実験設備の見学をするという強行日程でしたが、充実した一日でした。
バイオ燃料の合成実験では、安価であるという理由で輸入材の米マツとユーカリが使われていました。頂いた資料には「森林資源から液体燃料を…」とありました。であればこそ、付近の山に目立つ枯れた松や、杉・檜の間伐材での実験をすべきでしょう。「山が生き返り、燃料も生産できる」一挙両得システムの構築が必要なように思いました。
e0149157_4234110.jpg
小屋建設現場では浄化槽埋設工事が進んでいます。この大きさのタンクを埋める穴を掘り、排水管を既設の溝までひいておくのです。
[PR]
by keikonosato | 2009-06-17 04:34
e0149157_5304322.jpg
アートin向原の会場で、娘が急に「ゲンジボタルの発生場所を確認しに行こう」といいだしました。

e0149157_5355521.jpg澄んだ水の中を小魚が泳ぎ、河床に散らばる小石にはホタルの餌になるカワニナが大量に!、這いまわっています。水質、川石の大きさ、土手の草むらなど…ホタルの生息環境としてはひじょうに良い状況です。来年もホタルの群舞を見ることができるでしょう!

e0149157_5482038.jpg

新居建築のほうは足場が撤去され、家の全体像が見え始めました。
[PR]
by keikonosato | 2009-06-15 06:03

ゲンジボタルが乱舞

e0149157_4291938.jpg
「昨日の夜8時半頃、ホタルがすごかったよ」と連絡をいただく。夜8時、戸島川沿いに正力を目指して、娘に軽トラを走らせてもらい、浄水場の傍らに車を止め、ライトを消してみる。…と、スゴイ!! 子供の頃の記憶にある「源平合戦」の比ではなく、見たこともないほどのホタルが川沿いに群れ飛び、揃って点滅を繰り返している…。

その後、戸島川沿いにホタルの光を確かめながら、最後の家のところまで走ってUターンしました。かつて、圃じょう整備と河川の汚染、農薬で激減していたゲンジボタルが、農薬使用の低減と下水道整備などで自然発生的に増えてきたのだと思われます。皆さんにもぜひ、ゲンジボタルの乱舞を見ていただきたいです!

e0149157_5475381.jpg家は板壁が張られ、後からお願いした切妻の窓がはまり、6月末の完成を目指して着々と出来上がりつつあります。新工法のため、大工さんも左官さんも試行錯誤のようですが、丁寧な仕事ぶりに頭が下がる思いです。
[PR]
by keikonosato | 2009-06-14 04:52
e0149157_18175397.jpg
6月12日、広島県西部厚生環境事務所 広島支所 衛生環境課・広島県環境県民局 環境部 環境保全課・安芸高田市市民生活部に、「エドラス化学工業所 特別管理産業廃棄物積替保管庫」が移転してくることを、なんとか回避して頂けないかと、環境対策協議会の代表と再度お願いにいってきました。

これまでどおり「法的には止められない」とのことでしたが、ゲンジボタルの舞う水田地帯(江の川水系の源流部です)に、水銀・カドミウ・ヒ素などの有毒物質の積替保管庫を設置することの是非を考えて頂くよう、訴えてきました。広島県も安芸高田市も、「安心と安全」というスローガンを実践いただきたいものです。「食の安全」を守ることは生存の礎であり、もっとも大事なことではないでしょうか? 食料生産の場に危険な毒物を大量に保管する…。それを許容することはできません。なにかあれば取り返しのつかない損害を被ることになる、住民のストレスは甚大です。
[PR]
by keikonosato | 2009-06-13 03:52

中学校の同期会

e0149157_451118.jpg
              樹齢90年のオリーブ原木林

二年に一回開催される向原中学校の同期会、今回は小豆島へ一泊二日のバスツアーでした。2ヶ月に1回開催されている「丑寅会」のグラウンドゴルフメンバーが参加者の半数近くで、東京・大阪からの参加者もあり、計37名の楽しい旅でした。
入梅と重なって雨模様だったにもかかわらず、寒霞渓・オリーブ園・二十四の瞳映画村など…童心に還った2日間を過ごし、2年後の元気な再会を誓ってお別れしました。
[PR]
by keikonosato | 2009-06-11 05:23

平鍬初体験と屋根葺き

e0149157_3344231.jpg
kayokoさん「平鍬」初体験! 鍬使いは畑作りでかなり慣れてこられたのですが、平鍬で表面の草だけを削るのはなかなか難しいようです。午前中いっぱいかけて、畑の草をきれいに取り除けて、野菜を収穫して帰られました。7月からはこちらで存分に!、心ゆくまで…、野菜作りを愉しんでくださいね。

e0149157_3393988.jpg
一方、小屋建築のほうは屋根葺きが始まりました。もう一日あれば、屋根が仕上がるとのこと。入梅に間に合わせるおつもりのようです。屋根ができると、もうすっかり立派な「家」です。
[PR]
by keikonosato | 2009-06-09 03:48
梅雨を前に、ホタルがちらほら飛び始めました。振興会活動の一環で「地域情報マップ」の「自然編」をつくろう(「史跡・文化財編はすでにあります)、という話が持ち上がり、春のしだれ桜に続いて、ホタルが飛ぶ場所を調べてみては?、ということになりました。

e0149157_3422755.jpgkeikoは今まで、この地域で見られるホタルの多くが「ヘイケボタル」だと思っていましたが、ご近所さんからの「ゲンジでは?」というご指摘と娘の「ちゃんと同定したほうがいいよ」という声に、数匹つかまえて改めてよく見てみますと…なんと、ゲンジボタルでした! 同定資料として使ったのは手元にあったヤマケイの図鑑とインターネットの情報ですが、体長12〜13mm、光の点滅の間隔、特徴的な頭部の模様からしてほぼ間違いないと思われます。早速「ヘイケボタル」だと適当に教えてしまった方達に電話を入れて謝りました。戸島川・横川・用水路・溝…どこにでも、幼虫の餌になるカワニナがいるので、ゲンジボタルがいてもおかしくないと言つつ、飛んでいるのがゲンジボタルでは?、という発想に至らなかった硬直した頭に反省しきりです。

「きれいな流れのある地域に棲む」と図鑑にありました。戸島川・それにそそぐ谷川・用水路…、至るところにカワニナがいます。現在、4区・5区・6区・7区、8区、ほぼ全地域から「ホタルを見た」という連絡がありました。戸島は「きれいな水の流れる地域」ということなのです。ホタルの光が「食の安全」のシグナルに思えて来ました。
[PR]
by keikonosato | 2009-06-08 04:41
e0149157_401610.jpg
花菖蒲が咲きはじめました。ピンクや白い花もあるのですが、いまは紫の花だけです。向原では、6月13・14日に「花しょうぶ祭り」が開催され、14日には アートまつりin向原 というイベントもあります。

あんたも、きてみんさいや!

e0149157_4105582.jpg

時を合わせたようにホタルが舞い始めました。新しい家が完成すれば、軒下からホタルの乱舞が見られそうです。
[PR]
by keikonosato | 2009-06-07 04:15

降っていた雨が止んだ

e0149157_436178.jpg
朝8時過ぎ、大粒の雨の下で大工さんは「平素の行いがいいからすぐ止みます!」とニコニコ。予言通りすぐに雨は止み、夕方まで降りませんでした。
e0149157_4325275.jpg
ガラスを入れる切妻からはクスノキの梢が見え、「森の小さな家」の雰囲気が漂います。ベッドの上からでも「風景独り占め!」の気分に浸れそうです。
[PR]
by keikonosato | 2009-06-06 04:51

晴れ間を縫って…

 e0149157_416774.jpg
昨日も今朝も、あいにくの天気で雨が降ったり止んだり…。しかし、ブルーシートの下では作業が黙々と続いています。電気の配線や窓枠の取り付け、ユニットバスの設置など。小さな家とはいえ、やるべきことは沢山!

e0149157_419369.jpg
雨が止むとシートを剥がし、屋根の垂木を打ち始められました。「雨よ…、もう2、3日は降らないで!」と、渇水に悩む農家の人には申し訳ないお願いをしてしまいます。
[PR]
by keikonosato | 2009-06-05 04:36