「ほっ」と。キャンペーン

広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

<   2009年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ご無沙汰しています

ここのところ超多忙で、ブログ更新もままなりません。
3月8日の広島山稜会五十年周年を控え、記念誌の編集作業が大詰めで神経を使います。
そのうえ、「戸島環境対策協議会」が行っている「特別管理産業廃棄物積替保管倉庫」が近所に移転してくる事への反対運動の資料作りと対応に追われているからです。
のんびり暮らすつもりで帰った田舎の環境保全のために頑張るつもりです。
資料作りが一段落したら、ホームページ「けいこの里便り」に掲載したいと考えています。
しばらくお待ちください。
[PR]
by keikonosato | 2009-01-31 12:13

戸島五区のとんど

e0149157_5103830.jpg
e0149157_5105744.jpg
    「午後から雨」の予報。トンドの着火予定時間が早まりました。
 前日から準備されたトンドを早めに集まった古老達がいささかの手直しをされ、

e0149157_5113826.jpg
      8時15分、年女二人で点火。燃え上がったところで書き初めを燃やし

e0149157_51255.jpge0149157_5122661.jpg
 燃え落ちるのを待ちながら
 歓談です。
 今春から我が家に住んで
 「田舎暮らし」をする人も
参加され、皆さんの歓談の輪に混じっておられ「皆さん良さそうな人ばかりでここに住むのが楽しみになりました」とのことで、とりあえずほっとしました。
「田舎暮らし」に馴染んでいただけることを祈っています。

e0149157_5125216.jpg
      この地区には、若い人も多く、子供さん達も元気です。
      住み心地のいい田舎になるように、お手伝いが出来ればと思います。
[PR]
by keikonosato | 2009-01-19 06:32

雪の日が続きます

e0149157_793727.jpg
 
天気予報では雪マークが続いていますが、あまり積もりません。
地表温度が高いせいもあるでしょうが、雲の動きも速いようで、時々写真のように晴れ間がのぞき、日のあたる場所の雪が溶けてゆき、ここ数日はその繰り返しです。

次の日曜日には地区の「とんど」があります。9時から準備を始め、11時頃に着火予定です。
今年も我が家の休耕田を使って下さるので「石狩鍋」を差し入れる予定です。北海道の友人が送ってくれたサケ・ジャガイモ・タマネギなどを使った本場直伝の「石狩鍋」を、薪ストーブで朝から炊き込みます。参加を希望する方は早めにお申し込み下さい。
[PR]
by keikonosato | 2009-01-13 07:33
e0149157_1844673.jpg

朝のテレビニュースで「細見谷林道の建設 来年度は見送り」と知りました。
「森と水と土を考える会」の方達と、約十年前から現地の植物調査に通い、豊かな生態系を証明することで、生態系を破壊するだけの無駄な林道工事だと、反対を続けていた場所です。 
いろいろ問題があり緑資源機構は解散したのですが、林道事業は「山のみち地域づくり交付金」事業として、地方公共団体を実施主体とする事業に移行され、その継続は各都道府県の判断にゆだねられたのです。その林道計画を引き継ぐかどうかを検討していた広島県が、来年度は事業を行わない方針を決めたということです。

e0149157_1916568.jpg
e0149157_19173672.jpg
 しかし、「判断先送り」という拡幅予定の、ほとんど車が通らない林道にはこんな幟が立てられているのです。「気がついたら工事再開…」という事にならないよう、広島県が「細見谷林道工事は継続しない」との結論を出す迄、反対の意思表示を続ける必要があると思います。
調査で撮影した植物や生き物を少しだけご紹介しましょう。
e0149157_2093899.jpge0149157_20195374.jpg
e0149157_20202644.jpg

e0149157_20205734.jpge0149157_20212083.jpge0149157_20222677.jpg
[PR]
by keikonosato | 2009-01-09 20:26
e0149157_652405.jpg
青い海に浮かぶ朱の鳥居を見ながら、宮島に到着。
集合時間の9時、大聖院コースを歩く人達と別れ、食材を預かった数人が昼食場所である大元公園に向かい、食材をおろした後、鹿鍋担当の2名を残し、大元谷から山頂をめざされる。

e0149157_312284.jpge0149157_315194.jpge0149157_315513.jpg昨年の猪鍋が好評だったこともあり「今年は鹿鍋を」との係からの要望があり、里の同級生から頂いて持参した肉は3㎏ありました。すき焼き用にと猪の脂身を添えてくれていたので、その脂で、鹿肉のすき焼きをして味見をしながら、広田鍋奉行の采配で鹿鍋の仕込みに取りかかりました。酒を振った鹿肉を水から炊き、浮いてくるあくを掬い取りながらしばらく煮込み、野菜を入れ、鍋奉行が白味噌と赤味噌で味を整え、仕上げられたところに、大聖院グループが帰着。

e0149157_3162149.jpg
1回目の乾杯をすませ、試食と懇談を始めたところに、汗びっしょりになって大元谷グループも帰着。全員が揃ったところで「広島山稜会五十周年の年に!」と乾杯。

e0149157_3171678.jpg 
e0149157_317558.jpg
この1月に入会予定の若い人の明るさと、鹿鍋につられてか(失礼!)広島県山岳連盟の長谷川会長も、懇談の輪に混じっておられました。
参加した会員二人からの自家栽培野菜や漬け物の差し入れもあり、安心・安全さと美味しさが好評だった「広島山稜会」の鹿鍋でした。
食後は「焼き餅入りゼンザイ」と恒例の「山でのコーヒー」をいただいた後に散会。藤井屋さんで「紅葉まんじゅう」を求め、干支(丑年)の湯のみを頂戴し、帰りの船に乗りました。
[PR]
by keikonosato | 2009-01-06 04:12

備後出雲大社に初詣

e0149157_6335917.jpg正月二日の午後、惰眠をむさぼっていたとき、娘から去年お参りした「備後出雲大社」への初詣に誘われ、元気に、愉しく一年間を過ごさせていただいたお礼にと同行しました。
e0149157_632192.jpg急に降り出した雨の行く手に「虹」が浮かび、その虹の橋をくぐると、今度は二重の虹が浮かびました。「今年は幸先がいいネ!」と、着いた出雲大社は大混雑で、参拝者の列は石段下まで続き、参拝迄に30分を要しましたが、しっかり「田舎に人がふえますように!」とお願いしてきました。
[PR]
by keikonosato | 2009-01-03 04:06

銀世界です

e0149157_1133484.jpg
       今朝は10センチ近い積雪がありました。

e0149157_11345678.jpg猪・鹿よけの柵に囲まれた畑では、白菜や大根が雪に埋もれています。
でもkeikoの里では、根雪にならないので、雪が融ければ野菜たちは元気を取り戻すのです。こんな住みやすい里から人が消えてゆく…もったいないことです。
子供の頃、どの家にも役牛がいました。田おこし・木だし・石臼ひき…に牛の力を借り、山草を牛に踏ませ、その堆肥を田圃の肥料に使っていたのです。まさしく循環型農業でした。

日だまりの縁側から雪景色をみながら考えてしまいました。
あの雪の下には、セイタカアワダチソウやススキが繁る休耕田や耕作放棄地がある。
食料自給率が低い日本に、世界的食料危機の到来に対処する抜本的施策が見えない。

昨今の不景気による失業対策として、農地も空き家もあるムラへの転入促進は、過疎対策と食料自給率向上策の一つになりそうな気がするのだが…?
「それは、町暮らしに慣れた人にはムリだよ」との声が返ってくるだろうが、その人達に「世界的食料危機になったときには?」「石油がなくなったら?」「それでも経済発展をのぞみますか?」と、問いかけてみたいのです。

かくいうkeikoも、三年前までは、田舎に住む事を厭い、街の小さなマンションに住み、登山や旅行に明け暮れ、それを便利で快適な生活だと錯覚していたのです。
田舎に住み直して、空気や水の美味しさはモチロンのこと、無農薬・無肥料の野菜の美味しさに改めて気づいたのです。
不便さは、インターネットと宅急便がカバーしてくれます。

今年は丑年。
地に足をつけ、ゆっくりと、やれないものでしょうか?
国民すべてが、生活スタイルを考え直す年にできないものでしょうか?

keikoは年女。「自分に出来る事を、出来る方法」で、住みやすい地域づくりのお手伝いを続けようと思っています。
どうぞよろしく!
[PR]
by keikonosato | 2009-01-02 14:53

初日の出

e0149157_90159.jpg

8時前、明け方から強くなっていた雪が止み、青空が見え始め、カメラ片手に裏山への道を少しだけ登り、待機しました。
8時16分、山際から光が…、立て続けにシャッターを押しました。

e0149157_96222.jpge0149157_964261.jpg

まっ青な空に、雪をまとったカエデやケヤキの枝の白さが映え始めました。
白い雪におおわれた里を照らし始めた初日に、今年の希望を託しました。
[PR]
by keikonosato | 2009-01-01 09:16

謹賀新年

e0149157_4224344.jpg
  今年もよろしく
    お願いいたします!
  いま午前4時、氷点下1℃。
  うっすらと雪が積もり、
  星空がきれいです。
  昨年のお正月の朝もこんな感じで、
  平畝山に登る初日を拝めたのですが…
   …期待しましょう!
e0149157_4233954.jpg
     横川に据えられた、ウシの背にもうっすらと雪がのっています。
     その姿は、作った人達の希望(のぞみ)を背負い、
     その目は「和(なごみ)の里」の未来を見つめているようです。

     keikoは年女。「地域活性化のお役にたちたい…!」と思っています。
     どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by keikonosato | 2009-01-01 04:44