広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

<   2008年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

めでたく成約です!

家と畑を貸します!
気になる方は ココ をクリック

本日、kayokoさんがご主人さんと一緒に来られて、
家と畑を借りてくださることが本決まりいたしました。

3年間、娘と一緒に手入れしてきた苦労が
ご夫妻の「ここに住んで暮してみたいです」という
言葉によって報われたように感じます。

よき隣人さんにめぐりあえたことに感謝!!
これからも、どうかよろしくお願いします。
田舎暮らしは大変なこともありますが、水と光と、
自然の恵みをたくさん受けての生活です。
気持ちをおおらかに、一緒に楽しんでゆきましょう!
[PR]
by keikonosato | 2008-11-09 12:20

選挙戦スタートです

今日は市議会議議員選挙の告示日です。

これから一週間は毎日朝7時半から夜8時過ぎまで、
keikoが支持する候補者の選挙事務所でお手伝いをします。

ブログ更新が滞るかもしれません。
[PR]
by keikonosato | 2008-11-09 07:01

後援会事務所でお手伝い

e0149157_551513.jpg
ここのところ毎日、後援会事務所に伺っています。
後援会会員の女性たちと、選挙葉書の宛名書きなどの
合間に、おしゃべりの花が咲きます。

地域の少子高齢化・休耕地や耕作放棄地の増加・鹿や猪の被害など…
山積する問題の解決策について、もし私が首相だったら…
というような非現実的なアイデアはポンポン出るのですが、
実際にはどうすれば?…というところになると話題が途切れてしまいます。

なにはともあれ、「愚痴を言わない、諦めない」ことが大事!

keiko は、
三流の都会を目指すよりも一流の田舎をめざそう!
を合い言葉に、がんばってゆきたい、と思っています。
[PR]
by keikonosato | 2008-11-08 05:27

立冬です


e0149157_5392767.jpg

 昨夜半目覚めると「満天の星空」でした。そして、いつものように夜明け前から向かいの平畝山がすっぽりと霧に包まれ、9時を過ぎると次第にその霧が薄れ、太陽が当たりはじめました。そのとき、家の横にあるカエデの大木が「照り輝く」筈なのですが、今年は写真のような状態なのです。

 暑かった夏…? 夏に雨が少なかった…? 行きつ戻りつの秋…? 酸性雨…?
いずれにしろ、カエデの紅葉が「まだら模様」なのが気がかりです。
[PR]
by keikonosato | 2008-11-07 05:54

見学者がありました

e0149157_0301564.jpg
「田舎で野菜をつくって暮らしたい」という希望者が現れました。

「畑から無農薬・無肥料の野菜を採り、調理し、お昼をご一緒しましょう」と、お誘いしたところ、「早くきてみたかったから…」と、奥様がお一人でおいでになりました。

 野菜を採りながら「やってみたい!」、台所から裏庭を見ながら「この家に住みたい!」、調理しながら出た野菜くずを指しながら「これは畑に返すのですね」…などなど会話がはずみました。

 食事のときには、あぜ道や休耕田の草刈り、庭の草取りなど…、維持管理の大変さもお話ししたのですが「ここに住んでいろいろやってみたい」とのことでした。

 日暮れ前、「今、無事家に着きました。主人と一緒に近いうちにまた伺います」とのお電話がありました。

 いいおつきあいが出来そうで、これからが楽しみです。
[PR]
by keikonosato | 2008-11-06 01:06
e0149157_17484244.jpg

 ある立候補予定者の後援会事務所を手伝うことになり、ここのところほとんど毎日事務所に伺っています。お手伝いに来られる地域の女性たちと顔見知りになれるのも、戻り新参者のkeikoにとってはありがたいことです。
[PR]
by keikonosato | 2008-11-04 17:40
e0149157_7491525.jpg

「森と水と土を考える会」主催の
秋の十方山林道(細見谷林道)ウォーキングに参加しました。
といってもkeikoは細見谷祠まで車で運んでもらい、約6㎞の渓畔林部分を歩き、水越峠手前で車にピックアップしてもらったのですが…。


e0149157_7573473.jpg

 カエデ類の紅葉は綺麗だったのですが、ブナ類の黄葉が冴えず、例年のような錦絵が見られなかったのは少々残念でした。

 でも、50名近い参加者は、落ち葉の散り敷く林道ウォーキング15㎞を堪能されたようです。
[PR]
by keikonosato | 2008-11-03 08:02
e0149157_3415769.jpg
 
 畑を見回っていた妹が「昔、おかーちゃんが炊いてくれていたコイモの煮たのが食べたい」と言いだしたので、サトイモを掘りました。

 薪ストーブの上で、煮干しと昆布の出汁で、あっさりと煮付けました。「美味しい!美味しい!」とお代わりをしてくれました。

 妹は、生のサトイモに触れると「かぶれる」たちなので、里帰りをするたびに母が炊いてくれていたのだそうです。
[PR]
by keikonosato | 2008-11-01 03:54