広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

広島県有機農業研究会の講演会を聴きにゆきました

ホームページを検索すると、一昨年「有機農業推進法」が制定されたにも関わらず広島県はその対応が遅れているようでした。

事前に準備した資料を鞄に入れ、寒さ対策万全で待機していると、区長さんも「道が凍っていたらいけないから」と早目に迎えに来られ、軽トラックで会場がある東広島市に向かいました。

e0149157_5581681.jpg

尾崎零氏のお話は「そうだよね」「そうなんだよね」と引き込まれ、昼食後の眠気も吹き飛びました。内容は尾崎零著「自力農力」をお読みください。
e0149157_5585335.jpg
講演も面白かったのですが、受付を手伝っている若者が多かったのも、「農業の未来は明るい!」と嬉しくなりました。この子連れの若者は家族4人で「むささび農園」を主催されています。
e0149157_5593119.jpg

ブログ「けいこの里だより」に載せるからとカメラを向けたら、割り込んできた楽しい若者です。彼も有機農業の実践者だそうです。そして彼が宣伝している本が「自立農力」です。

e0149157_5595094.jpg

休憩時間に「広島県有機農業研究会」に入会の手続きを済ませ、総会にも出席しました。
「食と農・広島県協議会」結成が満場一致で議決されました。
NPO法人化を目指されるという協議会の今後に夢を託し、「戸島での組織化の問題点」について話しながら、カーブの多い暗い道を帰りました。路肩の温度計はー2℃でした。
[PR]
by keikonosato | 2008-12-08 06:47