広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

恐羅漢スキー場

e0149157_3281575.jpg

広島山稜会 の五十年誌を編集していてkeikoのCDから見つけた写真です。
氷点下数度が数日続いた雪の翌朝、こんな光景が出現します。

会の「ひえばた小屋」が、恐羅漢スキー場にあります。
昭和36年に、地元の方から譲っていただいた作業小屋を、みんなで改修したものです。まだスキー場も可部線もなかった頃の話です。休みの前日は、最終バスで戸河内までゆき、内黒峠を歩いて越え、夜道を小屋建設に通ったものです。
田舎暮らしを再開する前の数年間、keikoは冬場の半分くらいをその山小屋で暮らしていました。

小屋に泊まれば、朝日に染まる恐羅漢山を見る事もできます。

e0149157_102659.jpg

[PR]
by keikonosato | 2008-11-27 04:06