広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

大土山田楽

e0149157_5292168.jpg
下小原の多目的広場で行われた「大土山田楽」を観に、Sさんご夫婦に連れて行っていただき、Saさんご夫妻と会場で合流しました。
e0149157_5353075.jpg
昭和40年代までは、田起こし・代掻きは牛にたよっており、どの家も牛を飼っていましたが、今は…。この飾り牛は三和町からのお太助牛だと紹介されました。
e0149157_535535.jpg
立錐の余地無くならぶカメラ、浜田市長・児玉県議・河合国会議員が着席され、「さんばいさん」の音頭が流れはじめました。
e0149157_538040.jpg
いよいよ、小学生・中学生達が混じる「大土山田楽団」の登場です。
e0149157_5381665.jpg
泥田に足をとられ難儀はされていましたが、お尻を植えることもなく終了!
昭和20年代、近所のお兄ちゃん(ガキ大将)に連れられて「吉田に大花田植えを見に行く」のを楽しみに、子供達はしんどい田植えを手伝い、10円玉を握って、片道2時間の山道をモノともっせず歩いたものです。
[PR]
by keikonosato | 2011-06-06 06:32