広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

ヒコビア植物観察会で「野呂山」へ

e0149157_3814.jpg
久方ぶりの参加なのですが、主催者に了解をいただき4月10日の「生物多様性国際シンポジウム」のパンフレットを配布させていただく。
e0149157_372919.jpg
いただいた地図によると、平坦な道を5キロくらい歩くことになるようだ。ストックをつき、ゆっくりと歩きはじめるる。
e0149157_382082.jpge0149157_384143.jpg
標高700m、霜柱が立つ道脇のサンヨウアオイはまだつぼみも見えずカンアオイ?…正確な判別はつかない。
e0149157_391074.jpg
十文字ロータリ駐車場を10時半にスタート。あちらで立ち止まり、こちらで説明を聞き、12時まえに展望台到着。小雪が舞う中でこごえながら昼食。
e0149157_393186.jpge0149157_395360.jpg
野呂山国有林の中には「保健保安林」「風景林」などの立派な看板が立っている。

e0149157_3104896.jpg
弘法寺まで往復し氷池まで戻った辺りから、足が前に進みにくくなる。「困ったな」と思っているとき、後ろから「鹿肉を手に入れたいのだが…」。「鹿肉ならありますよ」立ち止まって声をかける。「取りに来ますか?」「これからでも?」「…」「…」学生さんたちと話しながらスタート地点に無事帰着。ということでバスをお断りして、大学院生さんお二人と我が家へ直行。コーヒーを飲みながら「赤柴山湿原」の調査記録集を見ていただき、鹿肉をお持ち帰り頂きました。
[PR]
by keikonosato | 2011-03-28 04:01