広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

上関田ノ浦スギモク&ウミスズメ観察会

東日本大震災に被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
ここ数日、福島原発の危機的な情況を息を呑んで見守っています。何とか最悪の事態にならないようにと祈っています。
e0149157_464689.jpg
3月13日早朝「東日本大震災の影響で中止?」の懸念を振り払いつつ、一番の芸備線に乗り広島経由柳井港駅へ。柳井港から祝島往きの連絡船で、上関に十時到着。
会場の上関町中央公民館のロビーで「中止ですって?」と3人の若者が待っている。主催者の携帯に電話をすると「漁師さんが病気でダウンされたので、船は出せませんが、講師は来られているので…」ということで、新井章吾さんが撮られた映像を見せていただきながらお話を聞きました。12時前4人の方がー東京や千葉から「放射能を避けて西に…」と、広島への飛行機が取れたので取りあえず広島まで、出来れば沖縄まで行きたいとの事でした。何事もないときは便利で快適な生活を、何かあれば安全な場所に…矛盾を感じます。
今日鯉城会館である「企業の生物多様性保全セミナー」聴講を申し込んでいます。「井の中の蛙」にならない為の努力です。
[PR]
by keikonosato | 2011-03-15 05:05