広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

名残り雪

e0149157_3471017.jpg
朝日がさしはじめると、一面を白く覆っていた雪が融け、もやが立ち始めました。
昼前には、雪はすっかり消えていました。
啓蟄を過ぎたからでしょう、壁をカメムシが這っていました。
しかし夜6時前、下戸島集会所で開かれる「ふれあいサロンひな」の役員会に出るために県道を歩いていたら、ひたひらと雪が舞い始めていました。
今朝もまた、一面にうっすらと雪が積もっていました。
[PR]
by keikonosato | 2011-03-09 04:01