広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

向原女性会・白ばら会の「行政対話集会」

昭和48年から続いている「行政対話集会」が、回答者に安芸高田市の部課長さん8名を、コメンテーターとして森部成一広大法学部教授をお迎えして開催されました。
女性会会長さんが、会員から「安芸高田市への質問・要望」を募られ、事前に文書で提出されています。keikoは向原にUターン以後、毎回出席しています。この集会で出された質問や要望は、その後きちんと対応されているので安芸高田市を住みやすくするための要望を毎回事前に提出したうえで出席しているのです。今回は「お太助ワゴンの運用方法」と、昨年3月に制定された「安芸高田環境基本条例」の認知度を上げる方法を考えて頂くことを要望しておきました。「市議会のモニターを支所ロビーに」という要望に対しては「全市に光ファイバーを設置し動画配信の予定」とか…。
建設的な意見や要望が10数項目出されており、それに対する回答・質疑応答が繰り返された2時間を短く感じました。
[PR]
by keikonosato | 2011-02-22 04:22