広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

向原ヘルスメイトで「ざる豆腐」をつくる

e0149157_249413.jpg集まったメンバーが5テーブルに別れて、まず豆腐作りに挑戦。戸島地域の7人のメンバーの呼吸はぴったり。豆乳とおからに漉し分けたところで「おからの蒸しパン」にとりかかり、蒸し器あがるのを待ちながらの情報交換会が始まる。
全テーブルの準備が整ったところで試食会。「ざる豆腐」には何もかけないでそのまま食べてみました「美味しい!」。今回作った、ざる豆腐・おからの炊いたん・小松菜のスープ・アジの干物ずし・おからの蒸しパン、全てが美味しかったです。
前回のチーズケーキもそうでしたが、手作りの美味しさは舌に優しいのです。
[手作りざる豆腐]
大豆300gを1200ccの水に一晩つけておく。水と一緒に、ミキサーにかける。大鍋に入れ、水1200ccを加え焦がさないように混ぜながら煮る(泡はある程度取る)。下にボールを受けたザルに、水洗いして絞ったさらしを拡げて漉し、おからと豆乳に別ける。豆乳を大鍋に入れ弱火にかけ、70℃〜75℃を保ちながら苦汁水大さじ1を水で薄めたもの半分を、木べらに流すように入れ3分間ふたをしておき、残りの苦汁水を流し入れ3分ふたをしておく。ほろほろと固まってきたらボウルを受けたザルにさらしを敷き、オタマで少しずつ入れる。さらしの角で蓋をしてしばらく置き、自然に水を切ったらできあがり。
[おからの蒸しケーキ]
卵1ヶを割りほぐし、ホットケーキミックス200g・おから100g・牛乳120cc・バター20gを加えてまぜる。100gの甘納豆・リンゴ・パイナップル・・等を加えて混ぜる。ながし缶にいれ、湯気の上がった蒸し器で20分ほど蒸す。
[PR]
by keikonosato | 2011-02-03 04:06