広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

産業廃棄物積み替え保管庫巡察

e0149157_3535397.jpg
机から目を上げると、窓からエスプレス大分の倉庫に大きなトラックが入ってゆくのが見える。双眼鏡で見ると乗用車の横にエスプレス大分の文字が読める。「搬出作業?」とダウンを着、巡察員証を首にかけ、カメラを手に現場へ。
このトラックでは、蛍光灯の一部とバッテリーを大分の処分場まで運ぶのだとのこと。このトラックで運ぶ蛍光灯は廃棄処分(砕いてコンクリに固める)をするとのこと。再生工場に運ぶ蛍光灯が残されており、別便になるのだそうです。
蛍光灯は既に3回運び出されたとのこと。倉庫に集められた膨大な量の蛍光灯を目にし、便利さと引き替えに出される目には見えないゴミ(排気ガス・原子力発電の低レベル放射性物質)の集積の怖さを想像してしまいました。
[PR]
by keikonosato | 2011-02-02 04:38