広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

「健康あきたかた21」食の部会会議

e0149157_8174784.jpg雪が降る朝、毎週月曜日に通っている「たかみや湯の森温水ウォーキングプール」に行き、午後は安芸高田市中央保健センターであった「健康あきたかた21」推進協議会食生活部会に出席しました。
議題は[来年度の計画について」でしたが、市民の認知度をあげること・同じ目的をもち活動されている「歴史ある安芸高田市食生活推進協議会」との緊密な連携を話し合いました。
組織・団体の多さは、「縦割り行政」ばかりが問題になるのではなく、市民の「地域活動」のなかでも混乱を生んでいるように思えます。老人クラブ・ふれあいサロン・地域安全協議会・女性会・食生活推進協議会・地域振興会それぞれが独立した組織なのです。先日の「青少年の声を聞く会」を主催された「青少年育成安芸高田市民会議向原支部」の構成団体が30いくつもありました。3月にはkeikoが住む5区の常会がありますが、高齢化が進むなか役員選出が毎年ながら難航します。
たとえば民間団体は「安芸高田市地域振興会」に1本化し、それぞれの団体が行っていたしごとを整理し、部会で行うというこたはできないものでしょうか。形骸化した団体が多すぎるような気がします。
[PR]
by keikonosato | 2011-02-01 09:07