広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

大寒波到来!

e0149157_7285225.jpg
カーテンを開けると…。まだ降り続いています。県道37号線を走るくるまは、車間距離をとり、ソロリソロリと走っています。
昨夜、向原駅に降りたらホームに雪が積もっていました。降りしきる雪の中をタクシーで帰ったのですが、路肩の温度計が−5℃、路面にうっすらと雪がありました。
 昨日から降り続いた雪が今朝は30㎝くらいになっています。三八豪雪を思い出しました。雪のため「たかみや湯の森」健康プール教室はおやすみとのこと。
お太助ワゴンも高宮・美土里路線が運休とのことで、午後から予定されていた「安芸高田けんこう21」食の部会議が中止になりました。お太助ワゴンのキャンセルの電話を入れると「向原・甲田路線の方は幹線道路まで出て頂いております」とのこと。会議中止でよかった!
 戸外に置いた洗濯機が途中で止まって動きません。電気屋さんに電話で聞くと「廃水管が凍結したのでは」とのこと。陽が照り始めて暫くしてスイッチを入れたら回り始めました。防災無線では水道管の凍結事故のことをを伝えています。この辺りで氷点下5℃以下のの日が続くのは珍しいことなので、いろいろあるようです。
終日電気による暖房にたよりながら(日射しがある間は電源を切ります)「小さな町の原子力戦争」「原子力発電について考える」など原発関係の本2冊を読了しました。・・・・・・・?
 雪に埋もれた風景をみていると、戸島にUターンする4年前まで、冬場の大半を過ごしていた広島山稜会の「ひえばた小屋」の暮らしを思い出します。昼間は読書、夜はランプの明かりで編み物をして過ごし、水は雪をストーブの上で溶かして使っていました。雪の中に埋めた食糧がテンや狸に浚われて慌てたこともありますが。やれば出来たのです。でも、いまのkeikoにはもう出来そうもありません。
e0149157_4262359.jpg
お日様が当たり始め、部屋の中は暖房不要になりましたが、外気温は上がりません。
[PR]
by keikonosato | 2011-01-17 07:45