広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

特別管理廃棄物積み替え保管庫設備の確認会

e0149157_428370.jpgエスプレス大分との協定書覚書に基づく保管庫の安全対策工事が完了した、との連絡を受け確認会を実施しました。案内を出した戸島環境対策協議会実行委員の約半分の方が参加されました。会社からは椎原社長と成重広島支社長が出席され、地元出席者のさまざまな質問に答えられました。作業に立ち会える「巡察員証」4枚も受け取りました。立派な設備も,人が運用する以上「事故は起きうる」ことを前提とし、会社側の緊張感を持続して貰うためにも、実行委員に課せられた任務は大きいでしょう。
それにしても、特別管理産業廃棄物の倉庫を田園地帯に置くことが「届け出事業」であることの不信感は未だぬぐえません。事故が起きたら安全な食糧生産ができなくなるのです。江の川の源流である、絶滅危惧種の魚がいっぱい住む戸島川は…?。
いま、安芸高田市環境基本計画では「ゴミゼロのまち」が検討されています。そんななかでの特別管理産業廃棄物倉庫移転問題です。
[PR]
by keikonosato | 2010-12-26 05:13