広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

芸北広域きれいセンターを見学

e0149157_56892.jpg
12月16日、向原町女性会・公衛協共催の見学会に参加しました。
牡丹雪が舞う寒い日にも関わらず、腐敗臭のするストックヤードでは、数人の女性がピンクの袋の中に、混入するプラスチック以外のものを手作業でより分けておられました。夏ならば大変な作業でしょう。
e0149157_563376.jpg「解らないとき・取りにくい汚れが付いたモノ」は「燃えるゴミ」で出して欲しい」とのことでした。
袋の中にたった一つ混じったマヨネーズの小袋が他のモノを汚して再生プラとしては不的確になっている・水荒いしないで出された豆腐のケースに発生したカビ…。
帰宅して食品等の包装を改めて点検。予想以上にこのマークがついているのです。安芸高田市環境基本計画でも検討されている「ゴミゼロのまち」は、市民一人ひとりの認識作りから始める必要がありそうです。
[PR]
by keikonosato | 2010-12-19 05:47