広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

「まちづくり講演会」を聴講

「田田太鼓(でんでんだいこ)の響くSLOWなまちづくり」〜農業・環境・史跡の、保全・振興をめざして〜と題する講演を戸島地域振興会総務部副部長と聴きに行きました。講師は鹿児島県薩摩川内(さつませんだい)市高江町「峰山コミュニティー協議会」会長の徳田勝章しでした。活性化をなしえた理由は「組織を一本化し連携をとりながら活動する」ということにあることは解ったのですが…。
さて現実にはどうすればいいのか?「多くの組織がバラバラに活動している」現状では、お金も労力も無駄が多すぎます。今回の講演会への出席者がびっくりするほど少なかったこと、市職員姿もほとんど見あたらなかったこと。「過疎化・高齢化」を口にしながらも、他人任せの「まあまあ気風」からの脱却がまず必要のようですが、さてさて…。
「夢をもつ」こと・「諦めない」コト…「仲間を増やす」ことなのですよね!
[PR]
by keikonosato | 2010-12-01 08:02