広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

ひとりごと…エントロピー学会とCOP10…

門外漢のkeikoがたまたま手伝っていた「十方山林道(細見谷林道)」の植物調査をとおして「エントロピー学会」に入会させて頂きました。送られてくるエントロピー学会誌「えんとろぴい」の論文を読むのが愉しいというだけの会員ですから、いまだに「エントロピー」が理解できておりません。勝手に「ヒトが生活する上で排出するあらゆるゴミ問題を考える会」と位置づけしています。先生方ごめんなさい!
それと、COP10は「ヒトは生物の一種に過ぎない」ことを謙虚に考える会議であると、思っていましたが…。国の利害が優先し、難航しているようです。エントロピー学会の先生方のように、地球の将来を見据えた議論がなされなければ、「生物多様性」というコトバが、keikoには「空念仏」に聞こえるのですが…。
[PR]
by keikonosato | 2010-10-12 06:23