広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

安芸髙田市産はぶそう茶「三矢えびす」発売

e0149157_6362765.jpg安芸髙田市特産の、手摘みにこだわったはぶ草を100%原料にした健康茶が「三矢えびす」としてJA広島北部から発売になりました。試飲したところ、いい感じだったので1ケース(24本入り・2.980円)を買い、冷蔵庫に冷やしておいたものをお墓参りのお客さんに振るまっています。「どこで買えるの?」「インターネットで買えればいいのにね」と好評です。
カロリー0、ナトリウム0〜10%なのですから、安心して飲めるのです。keikoはこちらに帰ってからは毎年、自家用は自分で栽培して愛飲しているのですが、胃腸の働きがよくなったようで、胃薬が不要になりました。快便になるからと愛飲している方もいらっしゃいます。
安芸高田市内でも、旧町毎に同じはぶそうのお茶葉を「はぶ草茶」「えびす茶」の名前で売っていたものを、今回「三矢えびす」として、発売にこぎつけられたようです。稲作の代替作物として、安芸髙田市も作付け・販売を応援しているようです。
ペットボトルには、お問い合わせ先「広島北部農業協同組合向原支所0826-46-3315」と表示がしてありました。
向原町では「農村交流館やすらぎ」にはすでに置いてあるそうです。
[PR]
by keikonosato | 2010-08-14 07:17