広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

田んぼの土を畑土に改良

e0149157_650663.jpg
午後からの会合のために、早昼を終えたとき、Sさんご一家が大きなビニール袋を数個車に積んで到着。袋の中身は「木くず」である。それを鋤込むと、粘りけの強い田んぼの土がふかふかになるとのこと。先日来耕してこられた場所に蒔き、丁寧に鋤込んでおられました。そのかたわらでは、奥様は枝豆の間の草取りです。一家総出の畑仕事風景を横目に見ながら、集会所に急ぎました。
[PR]
by keikonosato | 2010-06-06 07:03