広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

赤柴山湿原で…

e0149157_3544825.jpge0149157_3553068.jpg別な場所に移動しての調査中のことです。わき水の中で、カスミサンショウウオの卵が卵嚢の中で白くふやけています。死んでいるのです。その水溜まりの近くに、白い陶器が散らばっています。有害物質を含むと言われる「碍子」です。その谷には、他にもいろいろなモノが投げ捨ててありました。戸島川の源流に毒物が投げ捨てられている!ショックでした。

e0149157_3572372.jpge0149157_3584457.jpgニホンヒキガエルのオタマジャクシが泳ぐ水溜まりの傍には、真新しい調査用の杭がうってありました。「赤柴に林道がつく。」噂は本当だったのです!
人目につかない山奥での土木工事、無駄な工事ですよね!
イヤな現場に遭遇してしまいました。
[PR]
by keikonosato | 2010-04-02 04:27