広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

「21世紀に生きる私の考え」ー第24回青少年の声を聞く会

e0149157_3253798.jpg
向原小学校6年生が2人、中学生2人、高校生2人が体験を通して学んだことをテーマにそって発表されました。最初の「自分の心に平和のとりでを築こう」という意見は、原爆についての学習をとおして考えたことを小学6年生の男子生徒が発表されたのですが、広島から発信する「平和へのメッセージ」として、全世界に発信したいと思うほどに心打つものでした。続いて発表された生徒さん達のしっかりとした考え方には「感嘆!」でした。
特別出演の広島県中学英語暗唱大会一年生の部で優勝された生徒さんの英語によるスピーチは、昭和20年代に数学の先生に習った英語のせいか、音痴のせいか、ヒアリング全くだめの耳にも心地よく響きました。
e0149157_3255221.jpg
  意見発表で触れられていた6年生全員による「ひびけ!桜太鼓」は壮観でした。

この「青少年の声を聞く会」は、青少年育成安芸高田市民会議向原町支部が主催され、今年で24回目になるのだそうです。講師のお話よりも「もっと多くの生徒さんの意見が聞ききたい」と思いました。生徒さん達にとっても「この会で発表する」ことが励みになり。会場いっぱいに詰めかけた聴衆を前に発表したことが「故里の良い思い出」になるのではないでしょうか?
[PR]
by keikonosato | 2010-01-31 04:04