広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

とんど

e0149157_433296.jpg

今年も我が家の前の休耕田で「戸島五区のトンド」をしてくださいました。竹藪が近いことも場所選びの条件になっているようです。
e0149157_4155273.jpge0149157_416971.jpg準備は九時からということでしたが、皆さん早めに集まってこられます。年寄り・女・子供は竹を運び、壮年男子はトンドを組み立てます。五区はトンドを固定するために、事前に近くの山から採ってきておいた、昔ながらの葛を使われています。
e0149157_417238.jpg
e0149157_4182720.jpg  
     着火予定30分前には全ての準備が完了しました。
10時50分、年男・年女さん達の手で着火ということになりました。今年は12歳の女の子がおられ、拍手で迎えられました。火が落ち着くと鏡餅を焼きながらの談笑です。「御神酒」も振る舞われます。お餅が焼けると班長さん達が用意された「ぜんざい」に入れていただきます。焼きながら食べた腸詰めや目刺しも美味しかったのですが…、各家の味がする自慢の「漬け物」が持ち寄られており、それらを頂くのも楽しみのひとつになっています。
里帰りされての参加もあり、49名(内小学生以下13人)という賑やさかでした。
[PR]
by keikonosato | 2010-01-11 05:20