広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

消費者のつどい 2009

e0149157_435241.jpg
夜半からの雨がミゾレ混じりになったなかを、芸備線で広島にでました。
広島県と広島県消費者団体連絡協議会主催の「消費者の集い」を聴講するためです。副題は「悪質商法vs消費力〜自立した消費者になるために」でした。昨日の老人クラブの講演内容と似通ったもので、消費者庁が9月1日に誕生したことを受けての「消費者目線の行政」が始動し始めたことアピールすることもあるのでしょう。
お土産に「エコカレンダ−」をいただきましたが、印刷物の多さは呉市消費者協議会の提唱されていつ5R運動の趣旨に反するようで、矛盾を感じながら夕方の芸備線に乗りました。広島も終日冷たい雨でした。

5Rとは ①リフューズ(断る・使わない)    ②リデュース(減らす) 
  ③リユース(何度も使う)   ④リベヤー(修理して使う・大事に使う) 
  ⑥リサイクル(再生)

リフューズ運動は、誰にも・すぐに実践出来る環境保護行動だと思いますのでご紹介しましょう。keikoも実践中です。
①レジ袋・紙袋・ブックカバー・薬袋・・・を断る。(袋・空き缶・風呂敷・・・を持参して買い物をする)
②マイ箸・マイお椀・マイカップ・マイお茶・・を持参する。        
③不要な景品を断る
④台ふき代わりにティシュペーパー・ペーパータオルを使わない。
⑤外食時、食べられる量を注文する。万一多すぎた場合は傷みにくいものを持ち帰る(小さなタッパーを持ち歩く)。但し、腐敗・食中毒は自己責任です。慎重に。
[PR]
by keikonosato | 2009-11-18 06:11