広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

母屋に住む方が決まりました

e0149157_15575156.jpg
住まれるのは、30代のご夫婦と幼児の3人家族です。7月末に見学に来られて以降、ご主人の熱意と慎重さにほだされ、結論をじっくり待っていました。昨日契約書が届き、10月に引っ越してこられることになりました。ゆっくりと田舎暮らしに馴染んでいただければ…と思います。

7月初旬に安芸高田市の空屋バンクに登録以来、次々と見学者があり、「田舎に住みたい!」という方の多さにびっくりしました。でも、ほとんどが定年退職をされてからの移住希望でした。若い方が「いかに生きるか?」ということに正面から向き合われて、「田舎暮らし」を選択される姿勢に感銘を受けております。
[PR]
by keikonosato | 2009-08-26 12:32