広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

梅雨の晴れ間

e0149157_17183674.jpg
県道37号線の「農協前」から「横川」は道幅が広いうえに直線なので、車がすごいスピードで走ります。その中間にある「長谷木バス停」近くには横断歩道がなく、道を渡るのに今までも難儀をしていました。
今年から新一年生がバス通学を始め、毎日、家族がバス停まで送迎をされています。「せめて横断歩道があれば…」とご相談があり、一緒に区長さんにお願いをして、校長先生にもご相談しました。その後、区長さんや親御さんが交番にも行かれ、今朝、現地を県警が見にきてくれました。「横断歩道があれば安全」が保障されるわけではありませんが、歩行者も運転者も気を配る目安にはなるハズです。早い設置を希望しています。

e0149157_1719267.jpg
 今日、長谷木バス停から乗車した小学生は3名でした。

e0149157_17195163.jpg 

帰宅してみたら、「米の生産調整地」として、弟の土地を管理して下さっているご近所さんが草刈をして下さっていました。近日中に現地確認があります。

keikoは明日からの雨に備えて、「7月10日に植えなさい」と頂いていた白インゲン豆を新居の庭に作った小さな畑に蒔きました。苗として育てておき、娘が畑を作ってくれたときに移植するつもりです。
[PR]
by keikonosato | 2009-07-09 18:40