広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

慌ただしい日々

e0149157_22582727.jpg運び込んだ荷物を整理していたところに「家を見せていただけますか?」、と突然…、見知らぬ人の訪問を受けました。「県道を走っていたらカワイイ家が見えたのでつい…」ということです。白木町の実家に東京からUターンして来られ、家屋をいまリフォーム中なのだそうですが、大工さんになかなかご自分のイメージするものが伝わらなくて困っているのだそうです。そんなところに、「イメージ通りの家」を見かけて、思わず立ち寄ってしまったのだとか。この家をデザインをした娘もその言葉にとても喜んでいました。その後もご近所の方々がおみえになったりして一日が暮れ、まいにち忙しくすぎていきますが、新たな希望の湧く、新居での生活を満喫しています。

おとついは、7時半から向原町公民館で「支所別市政懇談会」が開かれ、「戸島環境対策協議会」の代表・副代表と共に参加しました。ホタルの舞う清流沿いの、冠水しやすい水田地帯に 「特別管理産業廃棄物(環境省HPへのリンク) 積み替え保管庫」移設の是非を、市長・市民生活部長・建設部長・向原支所長に問いました。市長は「私に許認可権はありませんが、みなさんのお気持ちは県に伝えます」という過不足のない回答をされました。

地域住民がこぞって反対しているのです。我々には「移転中止」しか正解はありません。
[PR]
by keikonosato | 2009-07-03 23:55