広島の中山間地から、日々の暮らしと自然をお伝えします


by keikonosato

浄化槽等整備施設設置事業実施決定書が届く

4月頭に申請していた合併浄化槽の設置許可が、安芸高田市から無事下りました。市の事業として認可されたので、負担金20万円で設置が可能になりました。一安心です。
e0149157_3162365.jpg
お昼過ぎ、下に大きなクレーン車が…、
カメラ片手に現場を覗くと、生コンを運んでいます。縁は30㎝、床下が15㎝の厚さになるように流し込むとのこと。こうしておけば建物に狂いが生じないのだとか。
昭和27年に建てた母屋の棟上げ札に、石工さんの名前が書かれていた理由が納得できます。「土台」がイノチ、ということですね…
[PR]
by keikonosato | 2009-04-29 03:52